タンパク質性医薬品の研究開発

有望な新薬候補分子から差別化された製品になるまでの道のりを加速

タンパク質性医薬品が、医学の限界を押し広げてきました。同時に、各種複雑で新しいバイオ医薬品(生物製剤)が、分析化学の限界を押し広げています。SCIEXには、革新的な質量分析装置およびキャピラリー電気泳動(CE)をベースとしたソリューションで、この分野において長年お客様と協力してきた実績があります。

皆様が創薬の初期のステージにおられても、或いは製品化のさらに後期のステージにおられても、SCIEXは、ハードウェアとソフトウェアの包括的なポートフォリオをご提供することができます。当社の頑健で信頼性の高いソリューションは、次世代のバイオ医薬品を実現するのに、いつでもはじめに正しい答えに到達できるよう皆様をお手伝いいたします。

タンパク質性医薬品に関する包括的ソリューションのポートフォリオをご覧ください。

インタクトタンパク質分析

インタクトレベル、サブユニットレベルの自動データ解析。バイオ医薬品(生物製剤)とそのアイソフォームの質量を素早くかつ正確に視覚化。

ペプチドマッピング

シークエンスバリアント分析(SVA)、翻訳後修飾(PTM)、ジスルフィド結合の位置特定など、ペプチドマッピングの自動化と高速化を実現。

タンパク質の糖鎖付加(グリコシル化)/微小不均一性

バイオ医薬品(生物製剤)の糖ペプチドマッピングの迅速な実行、またはインタクトな状態での糖鎖構造の解明。

純度/不均一性

ゴールドスタンダードであるSCIEXのCE-SDSソリューションで、最も信頼性のあるデータ取得が可能。

同一性/電荷不均一性

高速でシンプルなCZE または高分解能なcIEFで、必要なスピードと感度を実現。

宿主細胞由来タンパク質(HCP)

複雑な測定メソッドを事前開発する必要がなく、宿主細胞由来タンパク質(HCP)の超高感度な検出と定量を実現。

バイオ医薬品(生物製剤)の同等性/同質性

バイオ医薬品(生物製剤)の同等性/同質性、バイオシミラーの類似性を迅速にかつ正確に評価する手法を獲得(サンプル間の差異に自動的にフラグを立てる)。

複数の特性をモニタリングする手法(MAM)向けLC-MSワークフロー

バイオ医薬品(生物製剤)の品質特性モニタリングや純度試験のために合理化された完全なMAMワークフロー。

核酸医薬品(オリゴヌクレオチド)のバイオアナリシス

分析が困難な核酸医薬品(オリゴヌクレオチド)の定性および定量分析を実現。

ペプチド&タンパク質性医薬品のバイオアナリシス

複雑なワークフローに対応するシンプルなソリューションで、ペプチドやタンパク質性医薬品を高い信頼性を持って定量可能。

eBook: バイオ医薬品の特性解析事例

このeBookでは、複雑なワークフローの効率化やデータ処理・解析の自動化を行い、皆様の分析の幅をより広げる新たな手法をご紹介しています。複雑な特性解析プロセスを簡単にし、ラボの生産性をさらに向上させるアプローチをご覧ください。