研究の方向性を明確にする代謝フラックス解析

代謝フラックス解析が全体像の動的な把握を可能にします

メタボロームは、多くの細胞過程を制御する動的なネットワークです。メタボロミクス解析により、メタボロームの特定の時点のスナップショットが提供されますが、システムの真の動力学を理解するための鍵を握っているのは代謝フラックス解析です。

代謝フラックスを研究するための主要な方法の一つが、LC-MS解析のための安定同位体標識です。この方法により、生物種が生合成により同位体標識を取り込む特定の経路の、動態および動力学をモデル化することができます。これは非常に困難な方法ですが、その理由は、データセットの複雑性が標識分析種の存在により増大しており、標識の位置を決定しその起源を特定するためには包括的で完全なデータが必要となるためです。

代謝フラックス解析のためのSCIEXソリューションは、高性能の定量技術を使用することにより、予想されるフラックス経路をターゲットとし、データの完全性を損ねることなくフラックス全体の解析を可能にします。このため、標識された代謝物の同定および検出のための十分な情報が確保されると同時に、動態モデルに使用できる定量データを取得することができます。

代謝フラックスを追跡してより深い洞察を

代謝フラックス研究に必要とされる複雑性を維持しながら、結果の確実な解釈を可能にします。特定の経路の研究を行っている場合でも、代謝フラックス全体の傾向を研究している場合でも、結果への到達を可能とするデータを確実に入手できます。

標識法の複雑性に挑む

安定同位体標識法から特異的で明確なデータを取得することができ、特定の反応の信頼性の高い定量が可能となります。

フラックス解析のための高分解能法の評価

代謝フラックス研究のための、パワフルで容易な高分解能法の開発と実行

Swath®ワークフローがフラックス解析におけるデータの欠損を排除します

SWATH®ワークフローを使用すれば、代謝フラックスの最も包括的な理解が得られます

フラックスデータを提供する定量パワー

フラックス計算から得られる結果の品質は、究極的には最高でも入力したデータの品質と同等となるため、経路重視の全体的フラックス解析には、マルチプレックスでの高精度の定量能力が要求されます。

包括的なフラックス解析に必要な詳細を提供できるソリューション

フラックス解析のためのSCIEXソリューションには、経路のカバレッジを最大限に高める選択的で高感度なSRMを含む最も高度な定量法、および反応の包括的なモデリングのためにレトロスペクティブに利用できるすべての分析種に関する定量データを提供するSWATH®ワークフローが使用されています。

TripleTOF® 6600

迅速なMSおよびMS/MS取得と高いダイナミックレンジが、代謝物の限界を押し広げます。

X500Rシステム

コンパクトで高性能高度なメタボロミクスデータを提供できる、コンパクトなQTOFシステムです

QTRAP® 6500+

感度が高く頑健な、四重極とリニアイオントラップシステムのハイブリッド装置です。

SelexION™

イオンモビリティスぺクトロメトリーを使用した、新しい次元の選択性