X500R QTOFシステムは、高分解能質量分析装置の複雑さを低減します。

未知物質のルーチンスクリーニングがシンプルに

複雑なサンプルに含まれる未知の化合物をスクリーニングするのは困難です。しかし、未知の化合物を検出できなければ、分析結果とラボの信用に重大な影響が出かねません。高分解能LC-MSならこの作業に対応できますが、次のような理由により、日常的なルーチン検査に導入するのは難しすぎるというのが実情でした。

  • データが複雑で、データ処理や解析が非常に困難である。
  • システムに堅牢性が足りないため、実行する必要のある大量のサンプルバッチを処理しきれない。
  • 困難なマトリクスにより結果の品質が損なわれる。

こうした状況をX500R QTOFシステムが一変させます。

X500R QTOFシステム

 

シンプルなワークフロー、堅牢なハードウェア、徹底的にバランスの取れた性能を備えたX500R QTOFは、ルーチン検査用に設計された初めての高分解能LC-MS/MSシステムであり、非常に信頼性の高い結果を得る事が出来ます。

データから複雑さを取り除きます

ハイスループットな分析が必要な食品、環境、法医学検査研究室向けに作られたX500R QTOFシステムは、パフォーマンスに合わせて設計されていますので、複雑なサンプル中の未知の物質のスクリーニングや定量を簡単に行うことができます。しかし、単なる質量分析計ではありません。X500Rワークフローにより、ラボのシームレスな運用が確保できます。サポートから分析メソッドまで、SCIEXには成功を最大化するために必要なすべてがあります。

主な特長

長期安定性

TOFパス全体で6連ヒータードローンを使用することで、システムがより長い分析時間でも質量精度を維持できるようになります。

優れた稼働時間

QJetにすばやく簡単にアクセスすることで、迅速かつ効率的なメンテナンスが可能となるため、装置がほぼ常に起動して動作します。

複雑なサンプルの頑健なイオン化

名高いTurbo VTMソースイオン化性能を引き継いだ高分解能測定精密質量分析装置です。

パフォーマンスに決して妥協しない

4 mmの開口部をTOF加速器チューブに導くN字型工学系により、感度を損なうことなく分解能を得ることが出来ます。

貴重な研究室のスペースを守る

現在市販されている他のHRMSと比べて研究室のスペースを占有しません。(110 x 57 x 112 cm)

高分解能質量分析計の複雑さをシンプルに

シンプルなワークフロー、頑健なハードウェア、バランスの取れた性能

ラボの可能性を広げ、包括的なサンプル分析を提供します。X500R QTOFシステムは、ハイスループット試験用に設計された高分解能精密質量LC-MS/MS システムです。

ビデオ

X500Rテクノロジーの紹介

ビデオ

ワークフローの紹介

ビデオ

SCIEX OSの紹介

X500Rテクニカルノート集

稼働中のX500Rのテクニカルノート

将来性のあるシステム

この堅牢で耐用性のある高分解能質量分析計により、今日の目標と明日の好機を逃しません。X500R QTOFは、一番複雑なマトリクスを妥協することなく取り扱うことができます。MRMHRによるトレースレベルの定量及びSWATHワークフローによる他に類のない一般的な未知物質のスクリーニングを達成します。

シンプルなソフトウェア

X500R QTOFシステム上のSCIEX OS ソフトウェアは非常に直感的で、あらゆるレベルの技術者のデータ取得を加速し、データ解析を簡素化します。

実用的な高分解能ワークフロー

バックログを減らし、時間通りに結果を得られます。X500RにはTurbo VTMテクノロジーが組み込まれており、研究室で最も難しいサンプルの主要なアナライトを確認することができます。

X500Rシステムの主な特長

マスレンジ:TOF

最大40kDa。プリカーサーイオン選択:5~2250 m/z。

質量精度の経時変化、External

12時間でRMSが2 ppm未満

イオン化ソース

Twin Sprayer ESI Probeプローブ及びTwin Sprayer APCI Probe付きTurbo Vイオン源

TOF-MS分解能及び速度

m/z 956のウシインスリン用(M+6H)6+電荷の同位体クラスターで測定した場合、≥42,000(FWHM)

完全なソリューションで生産性を最大化します

ExionLC™システム

拡張性、頑健性及びキャリーオーバ性能に優れた分析用フローLC。

スペクトルライブラリ

高分解能ライブラリとQTRAP®ライブラリで解析の質を劇的に向上させます。

664種の薬毒物を10分未満でスクリーニング

全血又は尿中に含まれる、既知或いは新規の向精神性薬毒物の包括的な検出が可能です。