高分解能 - 精密質量分析

四重極-飛行時間型(Q-TOF)質量分析テクノロジー

高分解能質量分析法を使用することで、ラボのパフォーマンスと生産性をさらに向上させることができます。新しいプロジェクトに挑戦するために、最大限に広いカバレージとフレキシブルなワークフローが必要な場面において、またはスループットの高い試験分析のためにユーザビリティの高いシステムが必要な場合においても、SCIEXの精密質量分析計の製品群は今必要なアッセイのみならず、将来必要になるアッセイにも比類のないスピード、頑健性および精度をご提供します。

SCIEXの精密質量QTOF分析装置は以下のことを可能にします:

  • データ取得の高速化による、サンプル中のより多くの化合物の同定
  • 高速でも品質の落ちないMS/MSスペクトル取得による、UHPLCの時間軸での同定・確認
  • 上記二つから、複雑なサンプル中での存在量の少ない化合物の検出
  • スキャンスペクトル内でのダイナミックレンジの広さによる、精度の高い定量
  • 独自のデータ非依存型SWATH®ワークフロー、高速高品質な自動MS/MSスペクトル取得(IDA)、高分解能定量分析(MRMHR)、高分子量化合物のインタクト分析に最適なTOF-MSからなる多彩な測定機能が支える究極の対応力

高分解能 - 精密質量分析テクノロジーが必要な理由

様々なワークフローへの究極の対応力を手に入れましょう

四重極型LC-MSと同様の定量性能にプラスされる、化合物のキャラクタリゼーション、類似構造を持つ化合物の識別、複雑な試料中での化合物の同定をご覧ください。以下において、ノミナル質量分析システムの枠を超え、真の汎用性を実現するSCIEXの高分解能 - 精密質量分析システムのユニークな特長をご紹介します。

高速での構造情報取得(IDA)

SCIEX独自のAccelerator TOF™ Analyzer技術は、最適なサンプルカバレッジを確実に達成できる高分解能MS/MSスペクトルを提供します。


バイアスフリーなSWATH®ワークフロー

可変ウィンドウSWATH®ワークフローを使用して、サンプル中のすべての検出可能な分析種の包括的な高分解能MS/MSデータを収集します。

 

Scheduled MRMHRによる定量

高分解能MS/MSスペクトルにより、MRMを凌駕する高選択的な定量を提供します。

 

 

高分解能TOF-MS

トラップ型質量分析部で見られる高質量数領域での制限はありません。真なる高分解能の精密質量情報を入手できます。高分子量のヌクレオチドやタンパク質の解析に理想的です。

 

SCIEXの高分解能-精密質量テクノロジー

高性能な高分解能質量分析計にスイッチしましょう

QTOF質量分析計は、スキャン速度が分解能に直接影響するトラップ型構造の装置とは異なり、分解能を犠牲にすることなく最高のスペクトル取得速度を達成できます。包括的な対応力が低いシステムのために、解析を制限されることがなくなります。m/zの制限なく、きわめて早いスペクトル取得速度で精密質量データを取得可能です。

完全なカバレッジ

高い分解能を保持したまま、多くのMS/MSスペクトルを取得可能なことで、より多くの化合物の同定が可能です。

高い定量精度

スペクトル内、スペクトル間のダイナミックレンジが広く、複雑なサンプル中の少量の分析対象も検出でき、確実な定量を遂行できます。

タンパク質の正確なインタクト分析

分子量の大きい分析対象の正確な情報が得られます。解析の精度および価数によるバイアスのかからないデータを実感してください。

SCIEXだから実現できる新しいデータ取得ワークフローと、他を凌駕するスピード

他を凌駕するSCIEX QTOFのスペクトル取得速度およびSWATH®ワークフローを含む新しいワークフローが、お客さまのラボの将来のすべての困難なプロジェクトへの対応を可能にします。イオンソースのユニークなデザインとデータファイルのコンパクトなアーキテクチャにより、ダウンタイムを最小限に抑え、データファイルをより効率的に保存および共有できるため、生産性を最大化できます。

比類のないスピード

スペクトルあたり10ミリ秒の超高速度の取得により、サンプルをより詳細に解析できます。IDAモードでサイクルあたり最高100 MS/MS、SWATHモードでサイクルあたり200 MS/MSを取得できます。

バイアスのない完全な取得

SWATH®ワークフローにより、サンプル中の検出可能なすべての分析種をバイアスない方法で検出します。

ポータブルなデータファイル

コンパクトなファイルアーキテクチャがデータ保存を極めて容易にします。データの保存、バックアップおよびアーカイブ化の費用を削減できます。

稼働時間の最大化

コンタミネーションを抑え、キャリブレーション残渣による汚染のない迅速な自動キャリブレーションを可能にする最先端のデザインのイオンソースにより、稼働時間を最大化できます。

TripleTOFテクノロジー

イオンソースのフレキシブルなデザインにより、CESI、NanoLC、MicroLC、高流量LC、またはSelexION DMSテクノロジーによるフロントエンドのイオンモビリティーを使用できます。さまざまなワークフローに対応できる最高性能のQTOFです。

イオンの産生を向上させるIonDrive™ Turbo V Source
イオンの捕捉および四重極への遷移の効率を向上させるQJet® Ion Guide
高速度のイオン透過およびイオンフォーカシングを可能にする高周波LINACコリジョンセル
TOFの分解能を向上させる2ステージのミラーと15kVの加速電圧
5桁のリニアダイナミックレンジを可能にする4チャネル検出器

X500 QTOFテクノロジー

独自のSCIEX OSユーザーインターフェースが、メソッド設定、データ取得およびシステム診断を容易にします。標準的な解析および高スループット解析を容易に習得して実行できます。

頑健性を提供するTurbo V™イオンソース
イオンの捕捉および四重極への遷移の効率を向上させるQJet® Ion Guide
感度を犠牲にすることなく高い分解能を実現する新しいN-optic TOFデザイン
最適な質量精度および分解能を可能にするTOFパスの6連ヒータードローン
市販HRMSシステムの中では設置面積が最小

SCIEXがお届けする革新的な高分解能 - 精密質量分析のポートフォリオ

お客さまのニーズを第一に考えてデザインされたシステム

サンプルの詳細なプロファイリングおよびターゲットの発見を行うオミックス研究でも、ルーチンな食品スクリーニングでも、あるいは標準化されたバイオ医薬品の特性解析でも、お客様のニーズに見合ったSCIEX QTOFシステムが必ず見つかります。

ZenoTOF 7600システム

ZenoTOF 7600システムは、革新的な独自技術、Zeno trap pulsingと運動エネルギー調整可能なEAD(Electron Activated Dissociation:電子励起解離)により、定性能力/定量能力が飛躍的に向上しました。これまで解析が困難であった有機化合物に対して全く新しい構造情報をもたらします。

X500R QTOF

食品、環境および法医学分析における高スループットのスクリーニングに適したコンパクトで使いやすい高分解能QTOF。薬物代謝およびメタボロミクス研究にも使用できます。オプション:SCIEX OSユーザーインターフェースおよびデータ処理

X500B QTOF

インタクトなタンパク質、たん白質サブユニットまたはペプチドレベルでの標準的なバイオ医薬品特性解析のためのコンパクトで使いやすい高分解能QTOF。オプション:SCIEX OSユーザーインターフェースおよびデータ処理と、BioPharmaView™ SoftwareによるBioPharma解析