表示の正確さ、整合性、信頼性を確保するための食品の真正性検査

食品の真正性に関する分析は、どの食品検査ラボでも実施されている一連の食品検査の中で、最も重要なものの1つです。

食品生産者や規制当局者の皆様にとっての最優先事項は、広範な法律に準拠し、食品の安全性に関する基準を高いレベルに維持することです。不純物や混入の可能性がある違法添加物などの効果的かつ正確なスクリーニングは、公衆衛生の保護や法的規制の遵守の両面から極めて重要なことです。


消費者の健康、食品関連企業の皆様のブランドや利益を守る
新たに懸念される汚染物質や混入物(添加物)の多くは、合成化学物質であり、身体にとって異物で副作用の情報も不明であることから、健康に悪影響をもたらす可能性があります。原材料中のこうした混入物の増加により、消費者の健康の保護、高額な製品回収(リコール)の回避、ブランドの信頼維持の観点から、包括的な検査の必要性が強く叫ばれています。

また、肉製品の真正性を巡る懸念もあります。馬や豚のタンパク質が牛肉やハラル食品から検出された事例は、広く知られています。この種の混入は、消費者の誤解を招くだけでなく、健康上、宗教上、倫理上の問題を引き起こす可能性があります。

SCIEXがご提案するクラス最高の食品・飲料検査向けソリューションには、成分分析が含まれています。このソリューションなら、原材料と最終製品の両方において、組成の整合性や品質について食品を正確にプロファイリングし、ターゲット成分を定量することができます。.

食肉の肉種判別

未加工および複雑な加工食品マトリクス中に含まれる、わずか1%(w/w)の肉種を検出できる、頑健性、高感度、高い特異性を兼ね備えたソリューション。

食品の混入不純物検査

既知や未知に関わらず、食品の汚染物質や混入した不純物を分析、定量することができる高感度で正確かつ簡単な分析手法。

食品偽装分析

サンプルを素早くプロファイリングし、真正性を評価して、その食品成分について真実を得ることで、消費者を欺いていないことを保証。

食用色素(着色料)検査

色素化合物の濃度が微量で分析が困難な場合でも、SCIEXなら、食品サンプルに存在するターゲットの合成着色料について、信頼性の高い測定が可能。

食品成分の真正性分析とプロファイリング

残留化学物質の検出、同定の確認、汚染物質や混入不純物の信頼性のある定量が可能。