研究を成功に導くメタボロミクス経路解析

経路重視のメタボロミクスマッピングのための包括的なツール

メタボロミクス研究が対象としている既知の代謝経路ネットワークは、生命の維持と制御のために進化を遂げてきた、高度に保存された一連の化学反応系です。このネットワークは複雑に見えるかもしれませんが、異なる種の間で高度に保存されているため、多くの場合、代謝経路重視のメタボロミクスが明らかな生物学的結論を導き出すための最も論理的な方法となります。

ネットワーク全体に分布する既知代謝物は、化学構造配列および極性が多様であるため、そのカバレッジを最大限に高めることは難しく、できる限り多数の既知代謝物を定量するためには、多くの場合複数のアプローチが必要となります。

代謝経路重視のメタボロミクスのためのSCIEXソリューションは、高いダイナミックレンジを実現するSWATH®ワークフローなどの包括的なアプローチを可能にすることで、既知代謝物の全体的カバレッジを最大限に高めると同時に、極性の高いヌクレオチドや脂質など検出および定量が困難な代謝物のための特異的なオプションも提供します。これらすべてを単一の質量分析プラットフォームで達成することができるため、これまでにない高いカバレッジで既知の代謝物経路を定量的にマッピングすることができます。

既知メタボロームのカバレッジの向上

包括的なデータ取得法戦略およびフロントエンドソリューションにより、これまでにない広い代謝物ネットワークのカバレッジを実現し、研究をさらに推進させ、より困難な代謝物の定量を可能にします。

SWATH® ワークフローで最大限のカバレッジを実現

MS1法では、限られたダイナミックレンジおよびMS/MS情報の欠如によりカバレッジおよび信頼性が制限されます。SWATH

困難な極性分析種の定量によるカバレッジの向上

極性代謝物および荷電代謝物の多くは、従来の方法では解析が困難です。キャピラリー電気泳動法を使用することにより、これらの代謝物の定量が容易に行えます。

脂質解析に取り組む

脂質は解析が困難な物質であるため、多くの場合脂質解析は別個に考慮されています。SelexION™テクノロジーにより、脂質解析が誰でもルーチンで行えるようになりました

メタボロームの概念を拡大および向上させるテクノロジー

既知メタボロームの究極のカバレッジを達成するためには、高性能の質量分析装置、包括的なメソッドおよびより困難な解析を容易にするためのツールのすべてを備えていることが不可欠です。SCIEX Triple TOF®ソリューションは、メタボロミクス研究をさらに拡大させます。

洞察を深める高性能ソリューション

すべての代謝物、経路または過程を探求するための多くの革新的なツールSCIEXソリューションは、メタボロミクスをさらに深く掘り下げて研究するために、究極の性能およびフレキシビリティーを提供します。

TripleTOF® 6600

迅速なおよびMS/MS取得と高いダイナミックレンジが、代謝物発見の限界を押し広げます。

SWATH® ワークフロー

代謝物プロファイリングのための最も包括的なアプローチデータギャップのない、すべての化合物のデータ非依存型MS/MS

CESI 8000

キャピラリー電気泳動とエレクトロスプレー質量分析を合体させた、感度および選択性の高いアプローチ

SelexION™

イオンモビリティスペクトロメトリーを使用した、新しい次元の選択性