超低流量CESI-MSテクノロジー

質量分析の可能性の拡大

キャピラリー電気泳動法(CE)とエレクトロスプレーイオン化(ESI)を同一装置として一連のプロセスに統合することで、超低流量における効率の高い電気泳動分離と流体力学分離が提供され、感度含む定量性能が向上すると同時にイオンサプレッションが低減されます。

電気泳動法と質量分析計を接続させるCESI-MSにより、質量分析計の適用できる範囲が拡大し、以下のことが可能となります。

  • プロテオフォームおよび複数部位のリン酸化を含むペプチドの翻訳後修飾の解析
  • インタクトな天然タンパク質の構造と相互作用の解析
  • 従来の方法では分離が不可能な同重体代謝物や糖鎖の解析
  • これまで困難だったアニオン性分析種や親水性分析種などの荷電した極性代謝物や分解生成物などの解析

少量のサンプルでも広いカバレッジ

CESI-MSでは、わずか5 μLのサンプルから複数の測定ができます。この機能をマルチセグメント注入と組み合わせることで、通常1回の測定に必要な時間内に10回の測定が可能となり、しかも消費するサンプル量はわずか1 μL未満で済みます。

仕組み

効率の高いESI

OptiMSカートリッジアセンブリには、先端が多孔性スプレーヤーとなっている分離キャピラリー、導電液キャピラリー、循環液体冷媒およびスプレーヤーハウジングが含まれます。導電液は、キャピラリー電気泳動回路が完成したシステムバイアルから自動的に送られます。

デッドボリュームなし

ハウジング内に保護されたCESI 8000のスプレーヤーは、低流量のキャピラリー電気泳動分離を、液体接合部やデッドボリュームのない単一のデバイス内でエレクトロスプレーイオン化法(ESI)に接続させます。

迅速で容易な操作を可能にする「プラグ・アンド・スプレー」のデザイン

簡単に設置可能なOptiMS Adapterキットにより、CESI OptiMSキャピラリーカートリッジの「プラグ・アンド・スプレー」のワークフローを使用したCESI-MSデータを数分以内に取得できます。

極めて高い感度が可能にする最小限のサンプル消費

CESI-MSは、細胞成分、マイクロ透析物、CSF、マウスサンプル、CTC、針生検、FFPEアーカイブまたはADCや毒素を含む毒性の高いサンプルなど、貴重なサンプルの解析に特に有用です。

荷電した、または極性の代謝物およびペプチドに最適

電気泳動による分離と効率の高いESIの組み合わせが、アニオン性およびカチオン性メタボロームの研究からプロテオフォームおよび多量体タンパク質複合体の研究まで、さまざまなアプリケーションをサポートします。

高い分解能での分離が可能

プロテオフォーム、荷電状態および翻訳後修飾の詳細な特性解析のためのフロントエンドのテクノロジーとして、タンパク質、金属結合体およびタンパク質複合体の高い分解能での液相分離を可能にするはCESIのみです。

イオンサプレッションのバイアスの排除

効率の高い超低流量のキャピラリー電気泳動をESIと組み合わせることで、アッセイ感度が大きく改善されると同時にイオンサプレッションのバイアスが低減され、これまで見逃していた分析種も検出できます。


CESIテクノロジーの容易な導入を可能にするCESI 8000 Plus

CESI 8000 Plusを、スタンドアロンの装置として、または質量分析計に接続して使用することで、これまで見逃していた分析種の検出を可能にします。

CESIテクノロジーの多様なアプリケーションをご紹介します

テクニカルノート

CESI-MSを使用した、困難であった翻訳後修飾(PTM)の検出

テクニカルノート

インタクトなカゼインを使用した、インタクトなリン酸化タンパク質のCESI-MSによる分離のモデルシステム

テクニカルノート

CESI-MSを使用した高塩基性神経ペプチドの検出限界の改善

テクニカルノート

プロテオミクスにおけるリン酸化および翻訳後修飾部位のマッピングの拡大ためのCESI-MSの使用

テクニカルノート

負イオンのエレクトロスプレーイオン化を使用したCESI-MSによるアニオン性代謝物解析への新しいアプローチ

Global CESI-MS Symposium年次総会

業界のオピニオンリーダー、トップ科学者およびイノベーターがどのようにCESI-MSを研究に活用しているかを、過去のシンポジウムのオンデマンドプレゼンテーションからご覧ください。