DiscoveryQuant™3.0用SQL Server 2014のインストール方法


日付: 12/22/2015
カテゴリー:

0 投票
   印刷する    記事を評価する:

研究用にのみ使用できます。診断目的およびその手続き上での使用は出来ません。

  1. 「here…」からツールを使用してSQL Server 2014のExpressバージョンをダウンロードしてください。 サーバーアーキテクチャ(server architecture)に適したものを選んでください。
  2. ソフトウェアをダブルクリックして実行します。 抽出するソフトウェアのディレクトリを選択します。 デフォルトディレクトリはこれに適しています。

  1. 抽出するのを待ちます。

  1. 完了すると、SQL Serverインストーラーが開きます。「New SQL Server ……」をクリックします。

  1. 「I accept the license terms」チェックボックスにチェックを入れて、「Next >」をクリックします。

  1. Feature Selectionウィンドウで標準設定のまま、「Next >」をクリックします。

  1. Instance Configurationウィンドウで、インスタンスに名前を付ける必要があります(この場合はDISCOVERYQUANT30を使用しています)。この装置では、既に別のバージョンのSQLServerがインストールされていることがわかります(下の表にあります)。そのため、インストールは必要ありません。

  1. サーバーのConfiguration ページで「Next >」をクリックし、更に「Next >」をクリックします。
  2. 「Database Engine Configuration」ページには、組織固有のオプションがいくつかあります。

セクションAは、認証またはサーバーへのアクセス権の付与に関するものです。ここで選択するものは、ネットワークの種類によって大きく異なります。装置が接続されたActive Directoryネットワークがあり、ドメインのActive Directoryを使用してデータをアップロードおよび読み取りをする権限を管理する場合は、Windows authentication modeをセットアップするのが最も簡単です。ただしこの設定は、維持するためにActive Directory管理者の助けに依存します。
上記の基準をすべて満たしていない場合や、わからない場合は、セクションAでMixed Modeを選択することをお勧めします。Mixed Modeを選択すると、(sa)ユーザーのパスワードを入力するよう求められます。これはデータベースの管理者アカウントに似ています。この例では、「!DQO30」と入力しています。

セクションBでは、システムへ追加する管理者ユーザーを定義します。IT部門の特定の要件がある場合を除き、これをデフォルト(インストールユーザーアカウント)のままにしておきます。完了したら‘Next >’をクリック。

  1. システムにSQL Serverをインストールします。

  1. インストールが完了したら、「Close」をクリックします。

  1. SQL Serverインストーラーを閉じます。SQL Serverがインストールされました。
  2. Start > All Programs > Microsoft SQL Server 2014 > Configuration Tools > SQL Server 2014 Configuration Managerに進みます。

  1. 14. SQL Server Network Configuration > Protocols for(手順7で利用したDISCOVERYQUANT30)に移動し、中央エリアからTCP/IPを選択します。TCP/IPをダブルクリックしてプロパティを開きます。

EnabledをYesに設定し、「Apply」をクリックします。

OKをクリックして警告を閉じ、OKをクリックしてプロパティウィンドウを閉じます。

  1. Configuration Managerに戻ります。左側のパネルで「SQL Server Services」を選択、右クリックして「SQL Server()」を選択、「Restart」を選択します。

サービスが再起動します。

完了したら、SQL Server Configuration Managerを閉じることができます。

  1. Start > All Programs > Microsoft SQL Server 2014 >  SQL Server 2014 Management Studioへ進みます。

  1. サーバ名:手順7で使用したユーザー名でなければなりません。(この場合、DISCOVERYQUANT30)。 この場合、手順9のセクションBでユーザーを管理者として追加したので、Windows Authenticationで認証を行うことができます。

  1. ここからデータベースを作成するスクリプトをダウンロードします。そして、File > Open > File …からSQL Server Management Studioを使用して開きます。

これにより、コードが記された画面が開きます。これは、DiscoveryQuant用のデータベースを作成するために使用されるSQLコードです。

SQLデータベース用に作成された2つのファイルがあります。これらファイルの保存場所は、スクリプトの先頭にハードコードされています。このデータベースを専用のサーバーにインストールしている場合、つまりDISCOVERYQUANT 3.0がインストールされていない場合は、ファイルが保存される場所として、コンピュータ上にC:\DiscoveryQuant30のディレクトリを作成する必要があります。

SQL Management Studioに戻り、 データベースを構築する為に、「Execute」をクリックします。

メッセージセクションには、「Command(s) completed successfully」というメッセージが表示されます。

  1. Active Directory認証(手順9)を使用できる場合は、これを行う必要はありません。 他のすべてのユーザーは、クライアントがデータベースに接続するためにSQL Serverユーザーを追加する必要があります。 SQL Management Studioの左側の「Object Explorer」からこれを行うには、「Security」を展開し「Login」を右クリック、「New Login …」を選択します。

ログイン名(A)を入力してください。(何かが間違っている場合は、ガイドに従ってください)

「DiscoveryQuant」を使用し、SQL Server認証を選択し、パスワード(B)を追加しました(DQO30を使用しました)。Enforce password policy (C)のチェックを外し、デフォルトデータベースを「DiscoveryQuantv30」(D)に変更します。

Select a PageセクションをUser Mappingに切り替え、DiscoveryQuantv30.の横にあるMap チェックボックスにチェックを入れます。画面の下部にあるdb_ownerにチェックが入っていることを確認し、「OK」をクリックします。

データベースのセットアップが完了したので、クライアントの接続を確実にするためにユーザーのアクセスをテストする必要があります。SQL Server Management Studioウィンドウを閉じます。

  1. 最初のテストは、ローカルサーバー上のユーザーがデータベースに接続できることを確認することです。 これを行うには、デスクトップを右クリックして、New > Text Documentを選択します。

「New Text Document.txt」を取得したら(.txtが表示されていることが非常に重要です。 – フォルダオプションを変更して既知の拡張子を表示する必要がない場合)、右クリックしてRenameを選択します。
名前を「LocalConnection.udl」に変更します。Windowsはファイル拡張子の変更に関する警告を表示します。「Yes」をクリックします。
アイコンがこれに変わります。

udlファイルを右クリックし、Propertiesを選択します。

「Provider」タブで「Microsoft OLE DB Provider for SQL Server」を選択します。

「Connection」タブ のセクション1 、Refreshを押すと、SQLサーバーの使用可能なインスタンスがすべて検索されます。しかし、すべての環境で完全に信頼できるSQLサーバーが見当たらない場合、フォーマット(このガイドに完全に沿って操作している場合は、ComputerName\DISCOVERYQUANT30)が機能するはずです(ボックスに入力するだけです)。

セクション2、Active Directoryセキュリティを使用している場合は、「Use Windows NT Integrated Security」を選択するか、「Use a specific user name and password」を選択しない場合は、手順19で入力した詳細を入力します。「Allow saving password」をオンにします。セクション3、「Select the database on the server」のドロップダウンをクリックします。この時点で、何か問題があればエラーを出します。そうでない場合、データベースがリスト化されますので、DiscoveryQuantv30を選択して 「Test Connection」を押します。うまくいけば下記画面が表示されます。

これでログインが機能していることを確認でき、ローカルマシンからデータベースに接続できるようになります。ネットワーク接続を設定してテストする必要があります。「Apply」および「OK」をクリックして、プロパティーダイアログを閉じます。

  1. 21. 装置のクライアントコンピュータのいずれかから、サーバーコンピュータを「見る」ことができることを確認します。ServerNameがリモートコンピュータ名であることを除いて、これまでの手順20までを全て繰り返し確認します。(この場合、フルネームを使用するために上記のUDLはOKですが、DNSがコンピュータ名を解決できない場合は、IPアドレスを使用する必要があるかもしれません。)ファイアウォールは、この段階では特に難しいかもしれません。問題が発生する場合は、ITに連絡して、ファイアウォールをソートしサーバーとクライアント間の双方向の通信を確立できるようにしてもらってください。更に言及すると、2つの状況は同じではありません。一般的に言いますと、サーバーのDNS解決やファイアウォールを見てください(SQLインスタンスの「TCP/IP Properties」タブで、Port 1433とシングルアダプタを修正する必要があります)。

IPAll TCP Portを1433に設定します。

そして、そのポートに直接接続するようにUDLファイルを設定します。

サーバー名のIPとポート番号を確認します。

  1. DiscoveryQuant ソフトウェアのData > Database Selectionへ進みます。

  1. Compound Database Selectionウィンドウの右上段にある「+」を押します。

  1. .udlファイルを保存した場所に移動し、それを選択してOKを押します。

  1. 「Connection Name」に名前を付けて「OK」をクリックします。

このデータベースはDiscoveryQuant 3.0で使用できるようになります。