DiscoveryQuantの Quick Tune でDP値がゼロに設定される DPスキャン問題


日付: 10/01/2015
カテゴリー:

0 投票
   印刷する    記事を評価する:

研究用にのみ使用できます。診断目的での使用はできません。

詳細

DiscoveryQuant 2.1 .3 のQuick Tuneを実行するとDP値がゼロに設定され、正しくないDP値によりFine Tuneが失敗することがあります。Quick Tune用のQ3 MIスキャンメソッドによる2回のDPスキャンでは、2回ともDP 200v(ただし、この電圧は変化する場合があります。)でMH+イオンが検出されています。これは、装置の「Parameter settings」のDP値の範囲設定が間違っていることが原因です。

解決策

  1. DiscoveryQuant ソフトウェアを閉じてください。
  2. Analystの「Parameter Settings 」(Tools->Settings->Parameter Settings)で、「Declustering Potential」の項目を見てください。

  1. ダブルクリックしてパラメータの詳細ウィンドウを表示します。

  1. 各スキャンタイプの値が次の値に設定されていることを確認してください。
    1. Q1+ Scan:0 to 300 V
    2. Q3+ Scan:0 to 300 V
    3. MS/MS+ Scan0 to 300 V
    4. Q1- Scan:-300 to 0 V
    5. Q3- Scan:-300 to 0 V
    6. MS/MS- Scan-300 to 0 V

  1. Hardware ProfileをDeactivateし、再度Activateしてください。
  2. 「Parameters Setting」を開き、正しい値が設定されているか確認してください。
  3. DiscoveryQuantソフトウェアを起動してください。
  4. DP測定が正しく実行されることを確認するために、テストチューンを実行してください。