【無料ダウンロード:インフォキット】PFOS,PFOA分析のご紹介

フッ素系化合物PFAS(パー/ポリフルオロアルキル化合物)は、その汎用性(耐熱性、防汚性、撥水性など)の広さから様々な分野において利用されてきました。

その活用先は、テフロンと呼ばれるフライパンのコーティングや撥水コーティング剤まで我々の生活に欠かせないものとなっています。

当初無害といわれてきたフッ素系化合物ですが、健康への懸念とともに人体への強い残留性も話題となり、各国ですでに厳しい規制がなされています。

しかし、長年にわたり規制がとられている現在もその残留性の強さから各地の環境/飲料水中にPFASの存在が認められます。

こういった状況から、まずしっかりと対象PFASの存在と量を知ることが我々ができる第一の対策となります。

SCIEXでは、環境/飲料水中のPFASの定量とスクリーニング分析のためのインフォキット/日本語版を作成しました。

キット内容

  • NEW! SCIEX QTRAP® 4500を使用したPFOS、PFOAの高感度分析
  • EPAメソッド537.1ガイドライン内の飲料水中14種類のPFASを分析するための迅速分析方法
    • ランタイム約11分
    • 14種のPFASの一斉分析
  • PFOS,PFOAを含む有機フッ素系ライブラリ

今すぐキットをダウンロードし、飲料水の信頼性ある分析に着手しましょう。

※資料をダウンロードするには本ページお申し込みフォームに必要事項ご記入の上、送信ボタンを押してください。
ご登録いただきましたメールアドレスへ資料ダウンロードのリンク付メールをお送りいたします。