御殿山キャンパス in 福岡 - 食品・環境編

オンデマンドWebinar

 

オンデマンドWebinar紹介

これまで食品環境分野の分析においては農薬など規制された化合物の定量分析が主流でありました。しかし、昨今の事故や事件など緊急性を要する分析や、多数の化合物のモニタリングなどでは検量線作成の手間やコスト、また標準品の有無により分析対象化合物が限定されることなどが大きな障害になる場合があります。

本招待講演では、こういった状況に素早く対応可能である標準物質不要の自動同定・定量システムについて、公立大学法人 北九州市立大学 環境技術研究所 特命教授 門上希和夫先生よりご紹介いただきます。

同じく招待講演としてジーエルサイエンス様より、カラムや前処理に関するトラブルシューティングについてご紹介もいただきます。

明日の分析のヒントになるような情報が満載です。ぜひWebinarをご視聴ください。

分析対象

‐ 環境(水,大気,土壌)の汚染実態把握
‐ 事故や災害時の環境安全性評価(2次被害の防止)
‐ 食品・飲料水の安全性評価
‐ 危険ドラッグ・ドーピング検査
‐ 生体成分の分析
‐ 代謝物などの分析

 

閲覧いただける資料PDF・オンデマンドWebinar

●【招待講演】分析カラム、前処理のトラブルシューティング
講師: ジーエルサイエンス株式会社 営業企画部 フィールドマーケティング課 林田寛司様

●【招待講演】標準物質不要の自動同定・定量システムの開発と環境試料への適用
講師: 公立大学法人 北九州市立大学 環境技術研究所 特命教授 門上希和夫先生

※オンデマンドWebinarの閲覧は本ページのフォームよりご登録ください。