SCIEX OSソフトウェアで使用できる積分アルゴリズムは何ですか?


日付: 10/22/2019
カテゴリー:

0 投票
   印刷する    記事を評価する:

研究用にのみ使用できます。診断目的での使用はできません。


回答

SCIEX OSソフトウェアには、ピーク積分に使用できる3つの積分アルゴリズムがあります。これらは、Analyticsモジュールの「Projects」→「Project Default Settings」から確認することができます。: 

 

  1. MQ4 - MQ4-定量解析の代表サンプルとして、定量下限値ではない低濃度の検量線サンプルまたはQCサンプルをデフォルトで選択します。 

  1. AutoPeak -定量解析の代表サンプルとして、飽和していない高濃度の検量線サンプルまたはQCサンプルをデフォルトで選択します。 

  1. Summation -通常のピーク検索は行わず、Expected Retention Time(予測される保持時間)の近くにピークが存在すると想定します。 

アルゴリズムによって積分されなかったピークを手動で積分することも可能です。 


積分アルゴリズムパラメータの詳細については、『Sciex OS Software User Guide』を参照してください。

User-added image