Analyst®ソフトウェアでShimadzu30AC Autosamplerのニードル外リンスメソッド(External Rinse Method)で設定する項目の定義


日付: 03/13/2018
カテゴリー:

0 投票
   印刷する    記事を評価する:

研究用にのみ使用できます。診断目的での使用はできません。


回答

Shimadzu 30ACオートサンプラーは、外部リンス機能を使用して、リンスポートでニードルの外側を洗浄します。この機能は、ニードルをリンスポートに移動させ、リンスポンプから溶液をポートに押し込み、ニードルの外側をすすぎ、洗浄します。時間と溶媒の選択は非常に重要であり、ニードルの外側に何をコーティングするかによって決定されます。通常、ニードルはリンスポートの片方に位置しています。

Analyst®ソフトウェアでLCMSのAcquisition Methodを構築する場合、リンスメソッド設定項目の定義画面は、「Autosampler」タブの「Flow Channel Reference...」ボタンからアクセスできます。フローチャート(下)は、ニードルリンス時間(リンスポンプ使用時のRinse time)、リンス浸漬時間(Rinse dip time)、リンス量(Rinse volume)、およびリンスポート液(Rinse port liquid)の選択を含むリンスメソッドの設定項目の定義です。最初は、Analyst®ソフトウェアのデフォルトのメソッドに従うことをお勧めします。

Autosampler 1
Autosampler 2