SCIEXキャピラリー等電点電気泳動法シャットダウンメソッド(Shutdown Method)におけるゲルリンスや水リンスの目的


日付: 12/05/2018
カテゴリー:

0 投票
   印刷する    記事を評価する:

研究用にのみ使用できます。診断目的での使用はできません。


回答

キャピラリー等電点電気泳動法(cIEF)で使用されるキャピラリーは、水で完全に洗浄することができる為、SCIEXのcIEFシャットダウンメソッド(Shutdown Method)以外の他のすべてのcIEFアッセイで、水は昔から一般的に使用されています。ゲルリンスは、キャピラリーを全く再コンディションする必要がなく、翌日の使用のためにキャピラリーをコンディショニングした状態に保っておけるため導入されました。総合的に考えて、キャピラリーを水中に置いたままにしておくことができますが、サンプルによっては翌日にさらにコンディショニング作業が必要になることがあります。