MultiQuant™ソフトウェアの監査証跡(Audit Trail)およびセキュリティ機能を使うには、ベースバージョンライセンスと拡張機能ライセンスが必要


日付: 12/11/2017
カテゴリー:

0 投票
   印刷する    記事を評価する:

研究用にのみ使用できます。診断目的での使用はできません。


問題の説明

MultiQuant™ソフトウェアと監査証跡(Audit Trail)およびセキュリティの拡張機能ライセンスをインストールすると、ライセンスは正常にインストールされますが、MultiQuantソフトウェアが起動しません。そして、「This feature is not licensed. It cannot be used.」というエラーメッセージが表示されます。


解決方法

ソフトウェアを正常に起動するには、MultiQuantベースバージョン(または、sMRMに対応したMultiQuantベースバージョン)ライセンスとともに、監査証跡(Audit Trail)およびセキュリティの拡張機能ライセンスをインストールする必要があります。
ソフトウェアを初めて起動する前に、ベースバージョンライセンスをデスクトップに保存し、拡張機能ライセンスファイルをMultiQuantのライセンスファイル保存先へ保存します(C:/Program Files/ABSCIEX/Licenses/MultiQuant)。ソフトウェアアクティベーション画面で、デスクトップ上のベースバージョンライセンスを参照します。MultiQuantソフトウェアのインストール中にA&S(Install MultiQuant with Audit Trail and features)チェックボックスをオンにすると、A&Sライセンスファイルはソフトウェアプログラムによって自動的に検索されます。