Analyst1.6.3でバッチ処理が終了した後にLCポンプが稼働し続ける場合


日付: 04/27/2017
カテゴリー:

0 投票
   印刷する    記事を評価する:

研究用にのみ使用できます。診断目的での使用はできません。


問題の説明

Analyst®ソフトウェアを使用してサンプル分析バッチが完了した時に、LCポンプがオフにならない。


解決方法

バッチが完了した後にポンプが稼動し続けるこの例では、Queue Settings設定のMax Idle Timeが300分に設定されていました。Max Idle Timeとは、装置がAcquireモードでIdle状態の場合に、Methodが完了した後のポンプが稼動し続ける時間を指します。Max Idle Timeの通常のデフォルト時間は30〜60分です。Max Idle Timeが完了すると、装置はスタンバイモードに入ります。

Queue Optionsを見つけるには、Analystの[Configure]モードを選択する必要があります。 次に、[Tools]メニューの[Settings]、[Queue Options]を選択します。 バッチが完了した後にポンプがより迅速にオフになるように、Max Idle Timeを短い時間に調整してください。

Queue Options screen in Analyst 1.6.3