MultiQuant®ソフトウェアのIon Ratioが一致しない場合の調整方法


日付: 09/06/2018
カテゴリー:

0 投票
   印刷する    記事を評価する:

研究用にのみ使用できます。診断目的での使用はできません。


問題の説明

MultiQuant®ソフトウェアのResult Tableにおいて、「Ion Ratio」の理由でトランジションがフラグされた場合


解決方法

特定の検体についてIon Ratioが一致しなかった場合、実際のIon RatioがQuantitationメソッドのOutlier Settingsで定義されているIon Rationの許容範囲を超えていることを意味します。 Expected Ion Ratioは、検量線カーブに使用される標準品のIon Rationを平均することによって計算される。

Ion Ratioが不一致の理由を理解するには、不一致のIon Ratio(Result Tableで赤でハイライトされている)とそのトランジションセットのExpected Ion Ratioを比較します。 (表示されていない場合、Expected Ion Ratioは「Column Settings...」から選択することで表示できます)。Ion Ratioは分析対象物を定義するトランジションのピーク面積値に直接関係するため、Ion Ratioの不一致は サンプルと標準品間の積分値の違いになります。 積分パラメータ(Noise Percentageなど)を調整することで、サンプルと標準品間の積分値がより一致し、未知のサンプルのIon Ratioが標準品のIon Ratioと一致してくることがあります。

しばしばピーク積分における不一致が、Outlier reasonが「Ion Ratios」 になる唯一の理由ではありません。Ion Ratioは、検出器を飽和させるMRMトランジションから計算されたピーク面積値の場合には、通常一致しません。 また、選択されたピークがターゲット分析物のピークではない場合にも、Ion Ratioの不一致が生じます。 この場合、検体の保持時間は、標準物質と厳密に検査し、未知のサンプルの検体の保持時間と比較する必要があります。 さらに、分析物と同じ保持時間で干渉物が存在する場合、Ion Ratioの不一致が見られます。 このリストには、Ion Ratioが一致しないすべての理由は含まれていませんが、最も一般的な例がいくつか記載されています。