SCIEX OS でAutoPeak積分アルゴリズムを使用する場合の「Saturation correction(サチュレーション補正)」の設定


日付: 02/15/2019
カテゴリー:

0 投票
   印刷する    記事を評価する:

研究用にのみ使用できます。診断目的での使用はできません。


回答

「Saturation correction(サチュレーション補正)」機能を使用すると、検出器のサチュレーション効果を補正できます。SCIEXOSソフトウェアでAutoPeak積分アルゴリズムを使用する時に、この設定を行うには、Quantitation Methodの「Integration」タブへ進み、「Advanced」をクリック、「Saturation correction」を選択します。必ずしきい値(Threshold)を指定してください(下記参照)。


User-added image

サチュレーションのしきい値を超えるピークにのみ、「Saturation correction」が適用されます。しきい値を下回るピークのピーク面積は、「Saturation correction」を有効にしても影響を受けません。
User-added image