.wiffをNetCDF形式に変換する方法


日付: 10/02/2015
カテゴリー:

0 投票
   印刷する    記事を評価する:

研究用にのみ使用できます。診断目的およびその手続き上での使用は出来ません。

 

このプロセスは、Quadrupole & QTRAP .wiffファイルを汎用の.NetCDF形式に変換するために使用できます。Accurate mass/ TOFのデータには使用できません。

AnalystソフトウェアがインストールされたPCを使用して、Translat.exeを探します。 標準的な保存場所は:
<Analyst Install Directory>\bin\Translat.exe

  1. Translatパッケージを見つけて開きます。
  1. ファイルをダブルクリックして、Translatソフトウェアを実行します。

  1. ‘Please choose the type of translation you wish to do:’よりプルダウンしてNetCDF <-> WIFF を選択します。その後、Next >を押します。

  1. WIFF to NetCDFを選択し、Next >を押します。
  2. Analyst のRoot Directoryはシステム設定に従って自動的に完了しますが、‘Project:’プルダウンを使用してWIFFファイルを含むプロジェクトを選択する必要があります。

注: TranslatはProjectのDataフォルダに含まれるWIFFファイルのみを検索します。そのため、別の場所からWIFFファイルをコピーする場合は、ProjectのData フォルダに保存する必要があります。 Subprojectが使用されている場合にも問題を引き起こします。

  1. 変換したいWIFFファイルを左側の‘WIFF Files:’リストボックスから選択し、 >>ボタンで右の‘Files to be translated:’リストボックスへファイルを加えます。完了したら、Next>を押します。

  1. 左のツリー表示を使用して、変換後にNetCDFファイルが配置されるディレクトリ(directory)を選択し、必要に応じてRenameボタンを使用して出力したNetCDFファイルの名前を変更し右のリストボックスに表示します。
    ファイル名と場所の割り当てが完了しNext >を押します。

  1. Translateボタンを押し、変換処理を開始します。

作成されたファイルを示すログがTranslating Status:に表示され、プロセスが完了するとTranslating Status:にEndと表示されます。