監査証跡(Audit Trail)のイベントを電子メール通知させるAnalyst®ソフトウェアの設定


日付: 12/21/2017
カテゴリー:

0 投票
   印刷する    記事を評価する:

研究用にのみ使用できます。診断目的での使用はできません。


回答

1日の内に3回以上のログオンエラーが発生した場合に、電子メール通知で知らせてくれるようAnalyst®ソフトウェアで設定することができます。この電子メール通知は、AnalystソフトウェアのSecurity Configurationが「Integrated Mode」または「Mixed Mode」の場合にのみ利用可能です。

Eメールの受信者はSMTP準拠のメールサーバー上の有効なアカウントにアクセスできなければならず、Analystソフトウェアを搭載したコンピューターはSMTPサーバーにアクセスできなければなりません。

  1. View > Audit Trail Managerをクリックします。「Audit Trail Manager」画面が表示されます。
  2. 「Audit Trail Manager」画面の左側で右クリックし、「Options」をクリックします。
  3. 次に「E-Mail Notification Settings」をクリックします。 「Audit Trail Options」ダイアログが表示され、「Security Mail Settings」タブが表示されます。
  4. 「Send e-mail message(s) after 3 logon failures within 24hr」チェックボックスをオンにします。
  5. 「SMTP Server」フィールドに、SMTPサーバーの名前を入力します。
  6. 「Port Number」フィールドに、ポート番号を入力します。 Defaultボタンは、デフォルトのポート番号25を挿入します。
  7. 「To」フィールドに、メッセージの送信先のメールアドレスを入力します(例えば、username @ domain.com)。
  8. 「From」フィールドにメッセージの「From」フィールドに表示する名前を入力します。例えば、どのコンピュータでログオンに失敗したかがわかるように、コンピュータの名前を入力します。 「From」フィールドの入力値にスペースを含めることはできません。
  9. 「Subject」フィールドに、メッセージの件名を入力します。
  10. 「Message」フィールドにメッセージの本文を入力します。
  11. 設定を確認するには、「Send Test Mail」をクリックします。
  12. 設定を保存するには、「OK」をクリックします。
User-added image