Analyst®ソフトウェアにおいて、ネガティブモードで測定したExperiment情報をQuantitation Methodへ追加する方法


日付: 05/31/2018
カテゴリー:

0 投票
   印刷する    記事を評価する:

研究用にのみ使用できます。診断目的での使用はできません。


回答

Analyst®ソフトウェアでポジティブモードとネガティブモードを切り替えてデータを取得し、ポジティブモードだけのQuantitation Methodを作成した場合、後からネガティブモードのExperimet情報を追加することができます。Analystで、このポジティブモードだけで作成したQuantitation Methodを開き、「Save As」でメソッドのコピーを保存します。ネガティブモードの情報を追加するには、「Data Source」オプションのドロップダウンメニューを切り替え、ネガティブモードのExperimetを選択します。
User-added image