飲酒および薬物の影響下での運転(DUI)や職場における薬物検査

質量分析手法に適したケース

正確で信頼性の高い結果の重要性は、DUIや職場における薬物検査では軽視できません。一方、法中毒専門家は、法廷または職場で結果を証明するため、同じ分析を着実に実行しなければなりませんが、そうした結果を取得するのに用いられる分析手法はさまざまであり、依頼人への回答に数週間以上かかることがあります。立証責任のために、受領者(弁護士など)が数日以内に結果を手に入れたいと希望しても、証拠保全の監視下(書類の受け渡し記録の管理下)にある法医学結果を標準操作手順書(SOP)に従って文書化する必要があります。

質量分析を用いた分析手法のパワーと感度があれば、正しい結果をより迅速に得られることから、DUIや職場の薬物検査結果を出すのにかかる所要時間を短縮することができます。確認工程がより少ないということは、その結果をより早く依頼者に報告することができます。質量分析装置を導入することにより、追加の確認検査に関する書類上の手続きに費やしていた時間を皆様のスケジュールに戻すことができます。

分析上の課題を解決

質量分析装置なら、より多くの化合物をより選択的に分析することができます。従来の手法とは異なり、質量分析装置は化合物を分析対象物質(アナライト)レベルで分析します。イムノアッセイなど従来の手法では、化合物クラスに限定されてしまいます。結果として、より多くのサンプルが確認検査に回され、所要時間がかかってしまいます。新規のテクノロジーへの適応が、これまでになく容易になっており、また偽陽性が減少することで結果に対する信頼性が向上することからも、質量分析装置を使用するメリットは明らかです。このようなメリットは、法医学に携わるいずれのラボの皆様にもなくてはならないものです。