食品や飼料汚染の危険性を最小限に抑えるためのマイコトキシンの検出

マイコトキシンの分析とは、自然発生する菌類やカビが産生する毒性の化合物の検出と定量を指します。

マイコトキシンと称される化合物は、一般的には低分子(1000Da未満)で、さまざまな物理的および化学的な性質を示すことから、これらの検出は極めて複雑です。潜在的には数百とも言われる危険なマイコトキシンとマイコトキシン代謝物が存在しますが、このうちの数種類が世界の食品および飼料のサプライチェーンにとって極めて大きな懸念材料になっています。

地域の気温や降水など作物が収穫前にさらされる環境ストレス、あるいは生ものや最終食品の保管や輸送条件の悪さにより、マイコトキシン汚染の危険性は高まります。こうした毒素は、熟したトウモロコシ、穀物、大豆、モロコシ、ピーナッツ、その他の食物や飼料用の作物、輸送中の穀類にも蓄積する可能性があります。病原性の菌類に汚染された土壌、穀類その他の作物は、その後マイコトキシンに汚染され、消費者である私たちを危険にさらす恐れがあります。

汚染された農産物を長期間摂取すると、カビ毒症(マイコトキシン中毒)になる可能性があります。カビ毒症は、ヒトと動物の両方で吐き気、嘔吐、発疹のような急性の症状から、細胞プロセス阻害のような慢性的な症状までを引き起こします。こうした課題の他、マイコトキシンの管理に関するさらに厳格な規制の導入により、これらの毒素をより効果的に同定および定量するマイコトキシン分析手法の必要性は、これまで以上に重要になっています。

LC-MS/MSによるマイコトキシン検出のゴールドスタンダード

SCIEXは、マイコトキシン検査に最適なツールをご用意しています。高感度で選択性に優れた当社の装置であれば、さまざまな作物や各種食品中のマイコトキシンおよび広範囲の毒素について1回の分析で、精度の高い同定と定量を行うことができます。

マイコトキシン検出に関する課題を解決

X500R QTOFシステム

使いやすい高分解能の精密質量分析装置です。データをより速く分析でき、SWATH® Acquisitionも活用することができます。

SCIEX OS

データの取得、処理、解析、そしてレポート作成までできるオールインワンのソフトウェアです。

マイコトキシンの MS/MS スペクトルライブラリ

この検証されたライブラリをご使用いただくと、一般的に試験されている抗生物質とその代謝物の分析をトレースすることができます。

QTRAP® システム

トリプル四重極によるMRMの感度とQTRAPの機能を兼ね備え、同定、特性解析、定量のパワーをさらに向上させることができます。

ExionLC™シリーズ

ルーチンまたは複雑なLC-MS分析に必要なスピード、感度、分解能、信頼性をご提供することができます。

マイコトキシン汚染の脅威を防止する

LC-MS/MS マイコトキシン検査の情報キット(無料)をダウンロードしてください。

家畜飼料の栄養検査で先を行く

効率的なワークフローの詳細については、主要なツールをダウンロードしてください。

 

関連情報  
SCIEX OSを搭載したSCIEX X500R QTOFシステム上でMRMHR を用いた、穀類におけるマイコトキシンの分析および定量化 ダウンロードはこちらから
LC-MS/MSによる各種穀物の粗抽出物における10種類のマイコトキシンの同時分析 ダウンロードはこちらから
単純なサンプル抽出およびLC-MS/MSと、迅速な極性切り替えおよびScheduled MRM™アルゴリズムを用いた、穀類におけるマイコトキシンの定量 ダウンロードはこちらから
乳製品のマイコトキシンを測定する検証済みの方法 動画の視聴はこちらから
iMethod アプリケーション:LibraryView ソフトウェア用マイコトキシンスペクトルライブラリVersion 1.1 ダウンロードはこちらから
マイコトキシン測定メソッド、分析例など必要な情報はSCIEXがご用意しております。資料をダウンロードして、すぐに分析をはじめましょう。