汚染の発生と戦うための淡水毒素と海産毒素の分析

水生体毒素と海産生体毒素は、特定の藻類や、プランクトンその他微小動物相のコミュニティによりもたらされる、自然発生の化学物質です。こうした毒素産生微生物の急増は、有害藻類ブルーム(HAB)として知られ、世界各地で発生し、汚染された水やシーフードの消費者を脅かす可能性があります。

生体毒素に対する懸念は引き続き増大しており、生体毒素は、気候変動の影響が水環境や海洋環境に広範な作用を及ぼしていることを示しています。暖かな温度、日光、栄養豊富な水の組み合わせは、毒素産生微生物の急増に完全な状態を作り出します。こうしたHABは、ヒト、野生生物、環境に対する現実に測定可能な脅威です。

これらの毒素は、少量でも摂取した場合、重度の疾患や死に至ることが考えられるため、厳しく規制され、ルーチンのモニタリングが行われています。毒素の重大な元凶は—軟体動物貝類(カキ、ハマグリ、ムール貝など、つなぎ目の付いた殻を持つ貝)です。これらの貝は毒素産生藻類を摂取するため、体内組織に毒素が残り、有害なレベルまで蓄積します。

生体毒素には、藻類の時に複雑な毒素混合物について分析メソッドが不十分であるなど、多くの課題を抱えていますが、それは次の理由によるものです。

  • 貝の個体間の毒性に、(さまざまな親水性、親油性、イオン性、非イオン性の化合物など)きわめて大きな差があること
  • シーフード、藻類、飲料水など、モニターしなければならないマトリックスの範囲が広いこと
  • さまざまな検出法や抽出法があること
  • 相互汚染や偽陽性の可能性があること


海産毒素を検出する正しい方向性のステップ
SCIEXでは、海産毒素など、最も要求が厳しい分析上の課題にも対処するようデザインされたソリューションを提供します。検証済みの方法とワークフローに裏付けられた当社の革新的なLC-MS/MS システムでしたら、致命的な海産生体毒素を検出し、消費者の健康を確保できます。

生体毒素の分析に関する課題の解決

X500R QTOFシステム

データをより迅速に分析する、使いやすい正確な質量分析計システムで、SW SWATHワークフローのパワーを活用しています。

SCIEX OS

データの収集、処理、分析やレポートも作成する包括的なソフトウェアです。

マイコトキシンMS/MSスペクトルライブラリ

この検証済みのライブラリにより、検査されることが多い抗生物質や代謝化合物を追跡します。

QTRAP®テクノロジー

植物プランクトンやその他の海産生体毒素代謝物のモニタリングにより、QTRAPテクノロジーがどのように差別化できるかご覧ください。

ExionLC™シリーズ

ルーチン、または複雑なLC-MS分析に必要なスピード、感度、分解能、信頼性を実現します。

 

関連情報  
SCIEX QTRAP® 6500+システム上でLC-MS/MSを用いた、14種類の麻痺性貝毒素の同時測定 ダウンロードはこちらから
SCIEX X500R QTOFシステムでのミクロシスチンおよびノジュラリンの高分解能定量 ダウンロードはこちらから
LC-MS/MSを用いた水サンプル中のミクロシスチンおよびノジュラリンの定量 ダウンロードはこちらから
フカヒレのアミン含有神経毒に関する化学的標識戦略およびLC-MS/MS分析
ダウンロードはこちらから
貝毒測定メソッド、分析例など必要な情報はSCIEXがご用意しております。資料をダウンロードして、すぐに分析をはじめましょう。