食肉の肉種判別とハラル食品検査

ビーフバーガーに未申告の馬肉や豚肉の混入が発覚した、2013年の欧州での悪質な馬肉スキャンダル以降、食肉の肉種判別検査や不純物混和に関する分析は、多くの注目を集めています。

このスキャンダルは、多くの理由で食品業界に衝撃を与えました。その1つに、馬はフェニルブタゾンなどの非ステロイド性抗炎症薬により治療を受けることが多く、この薬剤をヒトが摂取すると有毒で危険なことが挙げられます。さらに、肉の不純物すべてが健康に悪影響を及ぼす恐れがあるわけではありませんが、この場合のビーフバーガーの誤表示は、製品に豚肉が入っていないことを消費者に保証するハラル食品およびコーシャ食品を扱う多くの食肉製造メーカーの評判を損ない、倫理上、宗教上の問題を引き起こしました。

肉ベースの製品について、不正確で詐欺的な、或いは誤解を招くラベルの製品が店頭に並び、消費者の手元に届かないようにするには、迅速な対応が重要になってきます。ルーチンでの肉種の真正性検査には現在、ELISAやポリメラーゼ連鎖反応(PCR)などの検査手法がよく用いられますが、こうした手法には限界があり、特にスピードに関する制限が顕著だと考えられています。

LC-MS/MS:肉種判別に関する包括的アプローチ
SCIEX は、LC-MS/MSソリューションによる肉種判別の包括的なアプローチをご提供することができます。このアプローチでは、肉サンプル中のタンパク質マーカーを用い、高い真度で肉種を確認することができます。信頼性の高い結果は、皆様がどんな種類の肉を購入、販売、摂取しているかについて、安全を確保することにも繋がります。ルーチンで食品検査を行うラボの皆様が、肉製品の真正性や不純物混和について検査される場合、LC-MS/MSによって以下のことを実現することができます。

  • 高い選択性により、タンパク質やその他混入汚染物質を偽陽性なく同定
  • 0.02%程度の低レベルで含まれる、複数の肉種のタンパク質由来ペプチドを検出
  • サンプル調製時間の短縮―30秒でサンプル抽出
     

摂取している食品の安全性と真正性を確保
ルーチンで食品検査を行うラボの皆様は現在、目の前にある肉種を正しく同定するために、肉製品の真正性や不純物混和について検査する新たなアプローチを探しておられます。SCIEXのLC-MS/MSを用いた食品・飲料製品向け検査ソリューションなら、肉種判別に関する包括的なアプローチをご提供することができます。このアプローチでは、肉サンプル中のタンパク質マーカーを用い、高い真度で肉種を確認することができます。信頼性の高い結果は、皆様がどんな種類の肉を購入、販売、摂取しているかについて、安全を確保することにも繋がります。

食品中の種識別に有効なマーカーを選択的に同定するためのLC-MS/MSソリューション

高い感度とより低い検出下限の実現

0.02%程度という低濃度レベルで含まれている牛肉、鶏肉、豚肉、ヤギ肉、子羊肉、鹿肉など複数の肉種のタンパク質由来ペプチドを1回の分析で検出、定量することができます。

より優れた選択性と偽陽性のさらなる減少

LC-MS/MSは、その動物特異的なタンパク質由来のマーカーペプチドを測定することで、正しい肉種を識別できるより高い選択性をご提供することができます。ある肉種のタンパク質由来のユニークなペプチドを測定することにより、正しくその存在を確認でき、偽陽性を排除することができます。

正確で頑健な分析

タンパク質の差がアミノ酸1個か2個程度のわずかなものであっても、容易に肉の種類を見分けることができます。MRMなら、複数の肉種のターゲットペプチドマーカーを一斉検出でき、ペプチド確認用にEPIスペクトルのデータ取得を追加することで、一回の測定でMRMと同時にアミノ酸配列情報を入手することができます。

ハラル牛肉中の馬肉や豚肉を検出するための、高速液体クロマトグラフィータンデム質量分析を用いた新しい高感度な分析手法

ハラル食品検査のためミュンスター大学食品化学研究所で開発された、高感度なLC-MS/MS分析手法。

X500R QTOFシステム

SWATH®Acquisitionのパワーを活用し、より速くデータを分析する使いやすい精密質量分析システム。

SCIEX OS

データの取得、処理、解析、レポート作成もできるオールインワンのソフトウェア。

QTRAP システム

トリプル四重極によるMRMの感度を兼ね備え、同定、特性解析、定量のパワーをさらに向上。

 

ラーニングセンター  
LC-MS/MSは、馬肉の検出に使用できますか? ダウンロードはこちらから
豚エキス(抽出物)はグミ菓子(グミベア)に含まれていますか?LC-MS/MSによるゼラチンの肉種特定。 ダウンロードはこちらから
LC-MS/MSによるハラル食品中の馬や豚由来のペプチド検出 動画の視聴はこちらから
馬肉混入汚染検査におけるLC-MS/MSの使用 動画の視聴はこちらから
食品偽装測定メソッド、分析例など必要な情報はSCIEXがご用意しております。資料をダウンロードして、すぐに分析をはじめましょう。