残留性有機汚染物質(POPs)

現代生活で使用される化学物質のライフサイクル

環境リスクを理解するための残留性有機汚染物質の測定

現代社会は地球の主要な環境汚染源となっています。現代のライフスタイルを成立させている工業プロセスで使用されている化学物質から、家庭の下水に流す化学物質に至るまで、化学工業汚染物質は我々の水の供給に入り込み人間の健康への脅威となる可能性があります。

多くの工業化学物質は生分解性がなく長期間残留する残留性有機汚染物質(POPs)として分類されています。

農薬、溶剤、臭素系難燃剤(BFRs)、有機フッ素化合物(PFCs・PFAS、PFOS、PFOA)および製薬は残留性有機汚染物質として分類される化合物のクラスの一部にすぎません。

 

環境サンプルで検出される化学物質の信頼性と正確性を保証する点において、LC/MS/MSは広範囲の化学化合物を測定する多様性、非常に微量な毒素を検出する感度の高さ、そして特異性の高さという点で、環境サンプルのPOPsの監視における理想的なテクノロジーです。

様々な物質の燃焼で生じる多環芳香族炭化水素(PAHs)

残留性有機汚染物質(POPs)、多環芳香族炭化水素(PAHs)、有機フッ素化合物(PFCs・PFAS、PFOS、PFOA)、製品中の有害物質(RoHS、SVHCなど)測定メソッド、分析例など必要な情報はSCIEXがご用意しております。資料をダウンロードして、すぐに分析をはじめましょう。