牛乳中のメラミンおよびシアヌル酸を対象としたCliquid®ソフトウェア用iMethod™アプリケーション Version 1.0

 

研究用にのみ使用できます。診断目的での使用はできません。

固相抽出(SPE)洗浄法と高速LC/MS/MS分析を用いた、牛乳中のメラミンおよびシアヌル酸の分析

最近、中国から輸入した小麦グルテンおよびミルクを由来とする材料にメラミンが混入されていた問題がありました。これにより、食品製造業者と規制当局の双方がLC/MS/MSのような高速で正確な分析技術を使用し製品の安全性を積極的に保証していくことの必要性が浮き彫りになりました。この牛乳サンプル中のメラミンとシアヌル酸分析用に検証された分析法では、1回の固相抽出(SPE)精製ステップを用いて、マトリクス成分を除去し、LC-MS/MS分析を行います。分析時間は10分未満で、定量限界は1μg/kg未満です。

高いレベルで確認するために算出されたイオン比で、化合物ごとに2つのMRMが使用されます。

詳細は資料をご覧ください:乳製品中のメラミンおよびシアヌル酸の分析を対象とした迅速なiMethod™アプリケーション(PDF)

iMethod Application for Melamine and Cyanuric Acid in Milk Products Version 1.0 for Cliquid Software

特長

 

開発時間の短縮

作業内容 iMethodアプリケーション 従来のメソッド開発
試験計画書 含まれる 数週間–数カ月間
サンプル調製技術 含まれる(例や参照資料も含まれる) 数週間–数カ月間
最適化したMS/MSアクイジションパラメータ 含まれる 数週間–数カ月間
LC装置パラメータとリテンションタイム 含まれる 数日間–数週間
積算(定量)パラメータ 含まれる 数日間
報告書テンプレート 含まれる 数日間
LC/MS/MSスペクトルライブラリ 含まれることがあります。スタンドアローンライブラリも利用可能です。 数週間–数カ月間
スタッフへのトレーニング–ソフトウェア シンプルなCliquid®ソフトウェアインターフェイス。トレーニングを追加する必要はありません 従来のMSソフトウェアとレビュー手順–数日間
メソッドバリデーション 数週間。利用可能なバリデーションテンプレートとサポート 数週間–数カ月間
試験開発と導入 数週間 6–12カ月