iCIEF-MSテクノロジー

iCIEF-MSテクノロジー

インタクトなタンパク質の多様な特性を迅速に解析

iCIEF (imaged capillary isoelectric focusing)によるチャージバリアント解析と、高分解能型質量分析計によるインタクトなタンパク質の分析とを直接組み合わせることにより、バイオ医薬品の開発を加速します。

Intabioのマイクロ流体チップをベースとする統合されたiCIEF-MSシステムにより、バイオ医薬品の安全性と有効性に関与する、糖鎖付加を含む翻訳後修飾やチャージバリアントの同定を可能にします。

仕組み

特許取得のマイクロ流体チップをベースとした技術がすべてを可能にします


インタクトなバイオ医薬品のiCIEF-MS解析を可能にしているのは、IntaBioシステムの独自のマイクロ流体チップ技術です。IntaBioシステムのマイクロ流体チップは、Capillary Isoelectric Focusingによりチャージバリアントを分離し、UV定量を実行し、さらにエレクトロスプレーイオン化を行い、イオンを直接質量分析計に導入します。もちろんこれらすべての工程には質量分析に互換性のある試薬が使用されます。

フォーカシングが完了すると、サイドチャネルを介した電解質の導入によりチャージバリアントが再びイオン化され、電場の再形成によりエレクトロスプレー(ESI)チップの方向へのピークの移動が開始されます。この移動プロセスにより、ESIチップに到達するまでピークの分離が維持されます。ESIによるイオン化効率を向上させるために、ESIチップ付近で2番目のチャネルからモビライザーが導入されます。

file

iCIEF-MSはバイオ医薬品製造の全工程に有用です

file

テクニカルノート

IntaBio iCIEF-MSシステム、SCIEX TripleTOF 6600+およびProtein Metrics Byosソフトウェアを使用した、迅速かつ包括的な高分解能のチャージバリアント特性解析

テクニカルノート

IIntaBio iCIEF-MSシステムによる画像化を使用した、アダリムマブ(モノクローナル抗体)の迅速で再現性のある高分解能のチャージバリアント解析

オンデマンドウェビナー

IntaBio iCIEF-MSシステムを使用したタンパク質製剤の重要品質特性の迅速な解析