生物製剤解析キャピラリー電気泳動システムPA 800 Plus

地球はIgG抗体を中心とするタンパク質バイオ製剤の時代を迎えます。このような複雑分子には、製品の純度・不均一性・同定について正確な特性評価が必要です。この評価は、安定性、有効期間、製造プロセスにも関連します。

自動化された生物製剤の定性/定量分析

生物製剤解析キャピラリー電気泳動システムPA 800 Plusは、生物製剤開発/品質管理の現場からの多くのコメントを基に設計されました。このプラットフォームは、タンパク質純度、電荷不均一性分布および糖鎖解析に対する定量/定性的な自動化特性評価手法を、高度な頑健性および操作性とともに提供します。PA 800 Plusは試験条件の機器/施設間の移管を重視して設計されているため、複数のユーザーが複数の装置を使用するような環境の中でも、システム全体の実用性向上が図れます。

まさにすべての研究者/分析者がそれぞれの目標を達成しうる、理想的な解析テクノロジーです。どのようにお役に立つか、是非ご紹介させてください。

製品カタログやテクニカルノートが無料ダウンロードできます >>

自動化されたアプリケーションにより、再現性のある定量的な結果が提供されます

  • SDSゲルキャピラリー電気泳動でのサイズ分離によるバイオ医薬品の純度試験法
     -糖鎖のないH鎖や、L鎖が外れたIgG抗体の割合を評価、USPに収載されています。
  • キャピラリー等電点電気泳動(cIEF)による電荷不均一性試験
     -翻訳後修飾に伴うIgG抗体の等電点の分布、そのバランスを評価
  • N-結合糖鎖プロファイリングによる糖タンパク質の微細な不均一性評価
     -培養条件の違いなどに伴う糖鎖プロファイルの変化を、迅速解析

シンプルな操作と頑健なプラットフォームが作業効率を向上させます

  • 専用ソフトウェアが、ルーチン試験をセットアップから結果まで、迅速にサポート
  • 革新的なシステム設計により、メインテナンスを最小に抑えながら信頼性と耐久性を確保
  • 交換が簡単なモジュール型波長選択式(UV)、フォトダイオードアレイ(PDA)およびレーザー誘導蛍光(LIF)ディテクタ群

生物製剤解析キャピラリー電気泳動システムPA 800 Plusは、IgG抗体を代表とする生物製剤の特性評価・分析のための包括的で自動化された定量的ソリューションを提供します。革新的なシステム設計が、信頼性の高い運用と高度な耐久性を保証します。PA 800 Plusアプリケーションメニューには、SDSゲルキャピラリー電気泳動(サイズ分離)によるバイオ医薬品の純度試験法、キャピラリー等電点電気泳動(cIEF)による電荷不均一性試験、N-結合糖鎖プロファイリングによる糖タンパク質の微細な不均一性評価などが含まれます。ディテクタを簡単に交換するために、モジュール型設計を採用しています。

PA 800 Plusシステム:

  • 高分解能分離モジュール
  • 高感度な、波長選択式(UV)、フォトダイオードアレイ(PDA)および固体レーザー誘導蛍光(LIF)ディテクタ
  • サンプル保管温度制御機構
  • 32Karat™バージョン9.0とPA 800 Plusソフトウェアによる高速システム制御
  • バリデートされた、SDSゲル分子量解析・IgGアッセイ・キャビラリー等電点電気泳動法および糖鎖解析アプリケーション
  • 泳動・分析に必要な部品・消耗品を含むスターターキット
  • システムの据付時適格性確認(IQ)および稼動性能適格性確認(OQ)
  • インストール済アプリケーションメソッド・充実のトレーニング

生物製剤解析キャピラリー電気泳動システムPA 800 Plusは、SDSゲルキャピラリー電気泳動を用いた、タンパク質純度・分子量分析のための自動化された定量的ソリューションを提供します。革新的なシステム設計が、信頼性の高い運用と高度な耐久性を保証します。ディテクタは追加可能で、将来的にアップグレードできます。

※ 研究用にのみ使用できます。診断目的での使用はできません。