アフラトキシン類を対象としたCliquid®ソフトウェア用iMethod™アプリケーション(パートナー提供)

研究用にのみ使用できます。診断目的での使用はできません。

LC/MS/MS検出前の固相抽出(SPE)精製による様々な食品中のアフラトキシンの分析

このiMethod™アプリケーションを用いた、食品(ピーナッツおよびピーナッツバター)中、アフラトキシンB1、B2、G1およびG2の精密分析。このメソッドの特徴は、LC/MS/MS分析前の頑健かつ再現性の高いサンプル調製のための固相抽出(SPE)精製です。

詳細は資料をご覧ください:食品中アフラトキシンの分析を対象としたiMethod™アプリケーション(PDF)

iMethod Application for Aflatoxins for Cliquid Software Partner Contributed

特長

開発時間の短縮

作業内容 iMethod™アプリケーション 従来のメソッド開発
試験計画書 含まれる 数週間–数カ月間
サンプル調製技術 含まれる(例や参照資料も含まれる) 数週間–数カ月間
最適化したMS/MSアクイジションパラメータ 含まれる 数週間–数カ月間
LC装置パラメータとリテンションタイム 含まれる 数日間–数週間
積算(定量)パラメータ 含まれる 数日間
報告書テンプレート 含まれる 数日間
LC/MS/MSスペクトルライブラリ 含まれることがあります。スタンドアローンライブラリも利用可能です。 数週間–数カ月間
スタッフへのトレーニング–ソフトウェア シンプルなCliquid®ソフトウェアインターフェイス。トレーニングを追加する必要はありません 従来のMSソフトウェアとレビュー手順–数日間
メソッドバリデーション 数週間。利用可能なバリデーションテンプレートとサポート 数週間–数カ月間
試験開発と導入 数週間 6–12カ月