iTRAQ®試薬

研究用にのみ使用できます。診断目的での使用はできません。

iTRAQ試薬は、重要な翻訳後修飾情報を保持しながら最大8つの異なる生体試料に含まれる全ペプチドをラベル化し、同定と相対および絶対定量を同時に実行できる、初めてのマルチプレックス、アミノ基特異的安定同位体試薬セットです。iTRAQ 試薬には 4 プレックスと8プレックスの2つの種類があります。新しいiTRAQ 試薬 (8 プレックス) キットは、さらに経済的なバルク パックでも入手できます

  • 複数のサンプル中のタンパク質を同時に同定・定量
  • 翻訳後修飾 (PTM) されたペプチドを含むすべてのペプチドのラベル化により、タンパク質とプロテオームのカバー率を拡大
  • タンパク質ごとに複数のペプチドをタグ付けして、MS/MS スペクトルからの同定と定量の信頼性を向上
  • タンパク質バイオマーカー ディスカバリー研究の結果のスループットと信頼性を向上
  • アフィニティー プルダウンなどのあまり複雑でないサンプル用に、サンプル分画のないシンプルなワークフローを提供
  • 最大 8 つの異なる生体試料を一度の実験で同時にマルチプレックス化できる柔軟性を提供
  • ProteinPilot ソフトウェアによりすべての SCIEX プロテオミクス LC/MS/MS プラットフォームに対応

特長

ペプチド ラベル化化学物質における革新

iTRAQ® 試薬は、ペプチド クラスにかかわらずすべての第一級アミンにラベル付けできる同重体、ペプチド タグ付けテクノロジーです。翻訳後修飾 (PTM) などの重要な情報は失われないため、このタグ付けシステムではサンプルからより詳細な情報を抽出できます。

図 1: iTRAQ® 試薬 - 8 プレックスのタンパク質定量

ハイスループットのタンパク質バイオマーカー ディスカバリー

同時に最大 8 つのサンプルでタンパク質の同定と定量を同時に実行し、より高いハイスループットのバイオマーカー ディスカバリーを実現します。簡単な iTRAQ® 試薬ワークフローでは、クロマト分離要求がラベル無しのアプローチよりも厳しくなく、信頼性の高い結果が得られます。また、ラベル無しのプロファイリング アプローチとは対照的に、iTRAQ® 試薬は、分画方式と完全に互換性があり、さらに深く掘り下げてより低濃度のタンパク質を分析できます。

信頼性の高い同定による実験の柔軟性

最大 8 つの異なるサンプルを同時に分析できるため、実験設計の柔軟性がさらに高くなります。マルチプレックス化により、多数のサンプル状態を比較でき、二重化や三重化を柔軟に実行できます。iTRAQ® 試薬 - 8 プレックスでラベル化されたペプチドの MS/MS フラグメンテーションでは、シグナルの増強によりクリーンなスペクトルが得られ、ペプチド同定の信頼性が向上します。タンパク質ごとに複数のペプチドをラベル化および分析するため、タンパク質同定の信頼性がさらに向上します。

図 2: iTRAQ® 試薬 - 8 プレックスのタンパク質同定

 定量生物学のソリューション

相対定量または絶対定量のどちらを実行する場合にも、iTRAQ® 試薬 - 8 プレックス、MS 装置、およびアプリケーション ソフトウェアは、定量生物学に必要なタンパク質の定量と同定における簡易性、柔軟性、および信頼性を備えた統合ソリューションを提供します。これらの試薬は、プルダウン、膜タンパク質研究、バイオマーカー解明のディスカバリーとバリデーション分析、標的タンパク質の絶対定量などの多くの用途に最適です。試薬はほとんどの質量分析装置と互換性がありますが、SCIEX 装置で最適化されます。

キット

 

部品番号

キット名/説明

4352135 iTRAQ 試薬マルチプレックス キット
iTRAQ 試薬 114、115、116、117 (4plex)、およびtwo-plex 10 アッセイ、three-plex 6 アッセイ、またはfour-plex 5 アッセイに適切なバッファーと試薬が含まれています。10 本パックのトリプシンは別売りです。各 1 ユニットの試薬チューブで最大 100 ug のタンパク質をラベル化できます。(注: 血漿および血清にはタンパク質消化物 50 ug の使用を推奨)
4352157 トリプシン、TPCK 処理済み、10 本パック
ペプチド結合をリジンおよびアルギニン残基のカルボキシル側で特に加水分解する修飾された (TPCK 処理済み) セリン プロテアーゼ。消化における粘度を改善する可能性がある塩化カルシウムを含みます。修飾トリプシンは、外来性キモトリプシン活性を不活性化するために、N-トシル-L-フェニルアラニン クロロメチル ケトン (TPCK) で処理されます。各パッケージには、1 本が 25 µg のバイアル 10 本が含まれています。これは、100 ug のサンプルの使用時のduplex 12 アッセイ、three-plex 8 アッセイ、four-plex 6 アッセイの実験に十分な量です。血清/血漿実験の場合は、サンプルあたり 50 ug のタンパク質のラベル化をお勧めします (したがって、トリプシンの必要量が半分になります)。
4352160 iTRAQ 試薬メソッド開発キット
iTRAQ 試薬 (114、117)、検査サンプル、バッファーおよび 3 回までの個別分析用の酵素消化およびペプチド ラベル化を行う頑健なプロトコールを作成するための試薬が含まれています。それぞれの試薬は最大 100 ug のタンパク質消化物をラベル化できます。次のものが含まれます。: スターター キット - ハードウェア、カチオン交換バッファー パック、カチオン交換カートリッジ、プロトコール、iTRAQ 試薬キット。
4369561 iTRAQ 試薬トライアル キットDuplex 3 アッセイ用
iTRAQ 試薬 (114、117)、検査サンプル、バッファー、および頑健なプロトコールを開発し、サンプル調製プロトコールがラベル化と消化を妨げないことを確認するために十分な物質が含まれます。キットには試薬、カチオン交換バッファー、カートリッジ、反応溶液とテスト混合物。
4370280 iTRAQ 試薬アプリケーション キット- 血漿
サンプル当たりタンパク質 50 ug としてduplex 8 回分、four-plex 4 回分に十分な反応溶液、iTRAQ 試薬 114、115、116、117 が含まれます。
4370285 トリプシン、TPCK 処理済み、8 本パック
リジンおよびアルギニン残基のカルボキシル側で特にペプチド結合を加水分解する修飾された (TPCK 処理済み) セリン プロテアーゼ。修飾トリプシンは、外来性キモトリプシン活性を不活性化するために、N-トシル-L-フェニルアラニン クロロメチル ケトン (TPCK) で処理されます。各パッケージには、各 25 µg のバイアル 8 本が含まれています。これは、100 ug のサンプルの使用時のduplex 10 アッセイ、3 three-plex 6アッセイ、four-plex 5 アッセイの実験に十分な量です。血清/血漿実験の場合は、サンプルあたり 50 ug のタンパク質のラベル化をお勧めします (したがって、トリプシンの必要量が半分になります)。注記: 塩化カルシウムは含まれていません。
4374321 iTRAQ 試薬アプリケーション キット - タンパク質
各サンプル 25 ug タンパク質としてduplex 10 アッセイ、three-plex 6 アッセイ、four-plex 5 アッセイの実験のラベル化に十分な反応溶液、検査混合物、iTRAQ 試薬 114、115、116 および 117 (25 ug タンパク質用) が含まれます。
4381664 iTRAQ 試薬- マルチプレックス バッファー キット
SDS–変性剤、TCEP 還元試薬、MMTS システイン阻害剤、TEAB バッファー、およびイソプロパノールが含まれています。2 つのマルチプレックス キットに十分です。
4390811 iTRAQ 試薬キット - 8Plex 1 アッセイ用
iTRAQ 試薬 (113、114、115、116、117、118、119、および 121)、および頑健なプロトコールを作成してサンプル調製プロトコールがラベル化と消化を妨げないことを確認するための十分な物質が含まれています。SDS - 変性剤、TCEP 還元試薬、MMTS システイン阻害剤、TEAB バッファー、イソプロパノールも含まれています。
4390812 iTRAQ 試薬マルチプレックス キット - 8Plex 1 アッセイ用
8Plex アッセイ用に iTRAQ 試薬 (113、114、115、116、117、118、119、および 121)、および十分な物質が含まれています。各 1 ユニットの試薬チューブで最大 100 ug のタンパク質をラベル化できます。(注: 血漿および血清にはタンパク質消化物 50 ug の使用を推奨)マルチプレックス バッファー キット (PN 4381664) は別売です。
4393528 iTRAQ 試薬 - 8Plex 25 アッセイバルク パック
チューブ 8 本 (各チューブに個別の8Plex試薬 25 単位を含む) が含まれます。
4393529 iTRAQ 試薬 - 8Plex 50アッセイバルク パック
チューブ 8 本 (各チューブに個別の8Plex試薬 50 アッセイ分を含む) が含まれます。
4466096 iTRAQ 試薬 - マルチプレックス 25アッセイ バルク パック
チューブ 4 本 (各チューブに個別の4plex試薬 25 アッセイ分を含む) が含まれます。

FAQs

Is iTRAQ available in bulk?
Yes. Bulk reagent is available in 25 and 50 unit kits of iTRAQ reagents only. You will need approximately one Buffer kit per 10 units.

Why is there a large difference in incubation times between 4-plex and 8-plex iTRAQ?
iTRAQ 8-plex is a different molecule than 4-plex, the reaction time is longer (120 minutes versus 60 minutes)

Are 114 -117 from 4-plex the same as 114 – 117 of 8-plex?
No, 4-plex and 8-plex are different reagents and should not be combined in an isobaric experiment

Why do I see a different charge state distribution of the target peptides after using iTRAQ?
Because of the different final pH, you may see a difference between the 2+ and 3+ charge states. A shift to more 2+ ions can usually be accomplished by adjusting the pH to 4.0 with 5mM ammonium acetate

Can I re-use the iTRAQ reagent after the vial has been opened?
No. Each vial of iTRAQ reagent is filled and capped under inert gas. The reagent is easily degraded by moisture leading to poor subsequent labeling efficiency. In the case of bulk reagent kits, there is a specific protocol to follow for aliquoting and storage.

My iTRAQ solution seems to be a different colour, is it OK?
Probably. The colour of the iTRAQ reagent can vary slightly depending on many factors ranging from trace metals to moisture. The reagent performance is typically unaffected.

How much protein can I label?
Each vial of 8-plex reagent contains 2 µmol of iTRAQ reagent. This is usually sufficient to label 20-100 µg of protein digest. For plasma and serum samples which contain many non-peptide primary amine compounds, the protocol may need to be adjusted. Important elements include buffering to pH 7.5 to 8.5, buffer concentration between 90 – 100 mM, iTRAQ reagent concentration at 40 mM (±5%), and total organic concentration greater than 65%

How long can I store sample after labelling?
we recommend you label only when you are going to analyze the samples immediately, please do not store your labelled samples for longer than two weeks.