土壌および生物相分析

土壌検査と土壌の健全性に関する意味

土壌、そしてそこに住む動植物の健全性の保護

土壌汚染は産業廃棄物の排出、下水排出、農薬の使用、石油と燃料の投棄、廃棄、埋め立て地からの浸出などがが原因で引き起こされます。廃棄物は最終的には環境、動植物の健全性、食料供給、公衆保健衛生、そして安全で持続可能な農業に脅威を与えます。一般的な土壌汚染物質には鉛その他重金属、および残留性有機汚染物質(POP)、医薬品およびパーソナルケア製品(PPCP)、そして石油系、多環芳香族炭化水素(PAHs)がある。

土壌汚染物質を検査するためだけではなく、人間、植物および動物の汚染物質への曝露の評価と緩和が長期的には重要です。

LCと質量分光法との組み合わせ(LC/MS/MS)は微量レベルの土壌サンプル中の中極性、極性、イオン性化合物の分析において多くの利点をもたらします。LC/MS/MSの土壌検査のアプリケーションには以下が含まれます。

  • 化合物をng/Lレベルまで同定・定量
  • 頑健で選択性の高い土壌、生物相およびバイオソリッドマトリクスの分析
  • 高感度の汚染物質検出で化合物の誘導体化を減少

オイルサンド沈殿物のナフテン酸分析

soil-and-biota-analysis
残留性有機汚染物質(POPs)、医薬品およびパーソナルケア製品(PPCP)、石油系、多環芳香族炭化水素(PAHs)測定メソッド、分析例など必要な情報はSCIEXがご用意しております。資料をダウンロードして、すぐに分析をはじめましょう。