オリゴヌクレオチドのバイオアナリシスおよび定量化

核酸医薬品のバイオアナリシスをリードする

核酸医薬品は、治療薬として大変注目されています。mRNAレベルで疾患の発症メカニズムを調節できる核酸医薬の特徴が、これまで「新薬の開発が困難」とされていた疾患に関する治療の可能性を押し広げています。

核酸医薬品の分子特性は、低分子医薬品とタンパク質性医薬品の間くらいに位置付けられます。SCIEXは、核酸医薬の分析において科学者の皆様が直面される特有の課題を理解しています。当社は、製薬業界やバイオ医薬品業界の科学者の方々とパートナーとなり、IND(治験申請)やNDA(新薬承認申請)で承認を得ることができる、精度が高く、高感度で効率的な分析ソリューションを開発しています。

究極の感度と最大限の柔軟性

SCIEXの質量分析装置ポートフォリオ全体にわたり、市場トップレベルのネガティブイオンモード性能を有しています。そのためSCIEXは、分析が困難な核酸医薬分析に関して、極めて高い感度をご提供することができます。マイクロフローの液体クロマトグラフィーなら感度の向上だけでなく、システムの汚染を減らし、洗浄によるダウンタイムを短縮することができます。SCIEXのイオン源に楽に接続でき、マイクロフロー専用に設計された機器を使って、信頼性のある分析を実施してみませんか。

Triple Quad™ 6500+システム

ネガティブイオンモードの性能が優れており、核酸医薬品の安全性確認に求められる非常に低い濃度レベルを高い感度で測定可能。

TripleTOF® 6600+システム

ネガティブイオンモードの性能が優れており、アナライトと代謝物の両方を同時に定量可能。

OptiFlow™ Quantソリューション

核酸医薬品を定量するための高い感度、使いやすさ、頑健性を兼ね備えたインテリジェントな融合。

Phenomenex® Clarity® OTX™ SPE Sample Preparation Kit(固相抽出サンプル調製キット)

サンプル調製時間をより短縮。

SCIEX OS-Qソフトウェア

定性および定量データ解析に最適で、規制準拠に対応したソフトウェア。

核酸医薬品の特性解析と安全性評価

このwebinarでは、核酸医薬品の安全性評価や特性解析の両方に使用できる最も洗練されたツールの概要をご紹介します。
発表者:SCIEXグローバルテクニカルマーケティングマネージャー、Sean McCarthy博士

遺伝子治療、核酸医薬品の正確な分析手法の新たな提案

遺伝子治療への期待が急速に広がる中で、時代を先取りするためには、成長傾向と市場の状況を把握することは重要です。それに加えて、ウイルスベクター、プラスミド、オリゴ、その他の遺伝子治療などの新しいモダリティに対する分析は、高速で正確かつ包括的なツールとしてのメソッド選択が重要です。

関連するリソース

専門的概要

核酸医薬品(オリゴヌクレオチド)の分析に関するソリューション

概略図

核酸医薬品(オリゴヌクレオチド)分析に関する注意事項

ソリューション・パンフレット

核酸医薬品(オリゴヌクレオチド)分析に関して、より高い感度で、より高い頑健性を持って、より速く信頼性のある答えを。

テクニカルノート

マイクロフローLC-MS/MSを用いた核酸医薬品の定量分析におけるさらなる定量下限値の引き下げ

テクニカルノート

核酸医薬品分析を想定した、TripleTOF®5600システムで取得する高分解能MS / MSによるヒト血漿にスパイクした合成オリゴヌクレオチドの定量分析

テクニカルノート

核酸医薬品分析を想定した、合成オリゴヌクレオチドの高分解能分析