STR解析

酵素のスタッターとプラスのアデノシンアーチファクトがある場合でもアレルを同定

STR解析

DNA配列内のタンデムリピート領域は人間、植物、細菌のゲノム全体に広範に普及しており、遺伝子マッピングや連鎖解析にとって重要な個体間の変動を十分に示します。これらのDNA反復領域は通常反復領域のサイズに基づいていくつかのグループに分類されます。ミニサテライト(Variable Number of Tandem Repeat、VNTR)ではコア反復が9~80bpで、マイクロサテライト(Short Tandem Repeats、STR)では反復は2~7bpです。STRマーカーは非常に豊富でゲノム全体に広範に分布しており、ほぼ10~15bp毎に存在しています。STRは存在量が多く、ヘテロ接合性が高いため、同定試験や遺伝子マッピングで最も広く使用されるゲノムマーカーとなりました。理想的なSTR多型は標準的な条件下で大きく増幅し、バックグラウンドとなるものの増幅は低く、スコアが容易で多くの情報量を有します。GenomeLab™ソフトウェアは自動化されたアレルと遺伝子座の同定を含む増幅されたフラグメントの正確かつ精度の高いサイジングを提供します。酵素のスタッターやアデノシン付加アーティファクトがある場合でも、アレルを同定できます。

STRデータ解析

アレルはサイズに基づいて、もしくはサイズと色に基づいて同定され、簡単な設定で同定できます。


解析パラメーターはすべて指先一つで利用でき、データは簡単にレビューます。エレクトロフェログラムはスタックもひくはオーバーレイ表示により比較しやくなります。


GeXPシリーズは、100以上の独立したプロパティセットで動作する、ソートやフィルターなどデータの管理やレビューのためのツールセットを提供します。個々の結果は自動的にデータをレビューするための個人設定でマッピングすることができます。