食品混入物

食品と飼料中とのメラミンとシアヌル酸の検査へのフォーカス

メラミンスキャンダルがニュースになったのはそれほど昔のことではありません。一般的にプラスチック、絶縁体、その他の工業用途に使用されている化学物質が見かけ上のタンパク質含有量を増やすために混入されていたことが注目されました。食品製造業者は経済的な利益のために、食品のタンパク質のレベルを測定する検査をごまかし、消費者を欺いていました。

メラミンは関連する化合物であるシアヌル酸と組み合わさると、血流に吸収され腎臓に蓄積、細管中で結晶化し腎臓細胞に害を与え、最終的には腎不全を引き起こし死に至ります。

メラミンが違法に混入された食品を子供達と動物が摂取して病気になったことで、規制当局が人間と動物向け食品製品中でこれらの加工物の有無を監視するよう促しました。SCIEXソリューションはメラミンとシアヌル酸分析に関して、ラボがこれらの化学物質を、たとえ食品中の量が微量の場合でも、最小限のサンプル調製と高い再現性でモニターすることを可能にしています。

メラミンとその類似化合物の同時検出

メラミン、シアヌル酸、農薬測定メソッド、分析例など必要な情報はSCIEXがご用意しております。資料をダウンロードして、すぐに分析をはじめましょう。