食品加工汚染物

加工工程中に生じるケミカルハザードに対する食品のモニター

食品は元々様々な物質を含んでいるため、混合、加熱、包装の加工を行うことで潜在的に有害な化学的副産物または加工汚染物質を生成する可能性があります。

アクリルアミドはフライドポテト、ポテトチップスその他の食品に含まれる一般的な加工汚染物質です。多環芳香族炭化水素(PAHs)は食品と食肉がローストまたは燻製されるときに発生することが多く、4-メチルイミダゾール(4-MEI)はカラメル色素を含む製品の製造時に生成され、コーラ、醤油そして加熱食品で見つかります。

これらの汚染物質は意図的に生成されたものではありませんが、一部は多量に摂取されると発癌性があるため、日常的な監視の対象となっています。LC/MS/MSは食品中の汚染物質の日常的なモニター、および食品科学とテクノロジーの進歩に伴い登場する可能性がある未知の加工汚染物質の調査とスクリーニングに対する感度と選択性が高いアプローチです。

アクリルアミドの感度の高い絶対定量

アクリルアミド、多環芳香族炭化水素(PAHs)、4-メチルイミダゾール(4-MEI)測定メソッド、分析例など必要な情報はSCIEXがご用意しております。
資料をダウンロードして、すぐに分析をはじめましょう。