農薬・除草剤分析

農薬をモニターする環境検査

病害虫と雑草処理薬剤のリスクを低減するソリューション

農薬と除草剤の検査は環境化学検査における優先事項です。農薬、除草剤およびその分解物は、使用された場所から空気、水、土壌、植物、微生物、そして鳥と魚を含む動物を通じて拡散します。農薬と除草剤の処方に使用されている化学物質の多くは無害ですが、それ以外は毒性特性を持つ場合または毒性のある副産物を生み出す可能性があり、潜在的に人間と動物の健康へのリスクや環境破壊を引き起こす可能性につながります。

1000以上の農薬と除草剤があり、その多くは政府機関により規制されています。その結果、広範囲の農薬および除草剤化合物を非常に低濃度で検出し、その分解製品を広範囲の異なるサンプルマトリクスにおいて検出するする強力で迅速な分析メソッドが必要となります。

農薬分析の規制によりしばしばGC/MSとLC/MS/MSのような確認手法を用いる化学検査が必要とされます。近年、従来のGCおよびLC法はLC/MS/MSに大きく置き換えられています。

  • 1回の分析でより広範囲の化合物を分析する能力
  • Multiple reaction monitoring(MRM)の比類ない選択性と感度
  • 簡略化されたサンプル抽出手順
  • 合理化されたサンプル調製手順
  • 確認分析向けライブラリデータベースの使用により向上した信頼性

同時に何千もの農薬をモニター

農薬、除草剤測定メソッド、分析例など必要な情報はSCIEXがご用意しております。資料をダウンロードして、すぐに分析をはじめましょう。