天然水・淡水毒素分析

環境中の自然発生の毒素

人間と野生生物を保護するためにミクロシスチンのモニター

環境中には自然発生の細菌から産生される多くの毒性物質があります。顕著な例の一つはミクロシスチン(MC)で、ある種のシアノバクテリアにより作り出される自然発生の毒素です。ミクロシスチンは肝細胞毒性で腫瘍を引き起こす可能性があるとレポートで示されています。

地表水の中のミクロシスチンのような自然毒素は従来UV検出を用いたHPLCまたはGCなどのその他の方法で分析されてきました。これらの分析の質量分析検出への移行は以下を可能にします。

  • 向上した感度で微量の毒素を検出
  • より良いパフォーマンスでサンプル調製を簡素化し結果を得るまでの時間を短縮
  • 多様なサンプルタイプに対応する向上した頑健性
  • MS/MSの特異性の向上による結果の正確性と信頼性の向上

環境中の自然毒の化学的な構造の多様性に対して、LC/MS/MSはミクロシスチンを含む広範な毒素の包括的な分析を1回の分析で可能にする理想的なツールです。

ミクロシスチン毒素の感度の高い検出

ミクロシスチン(MC)測定メソッド、分析例など必要な情報はSCIEXがご用意しております。資料をダウンロードして、すぐに分析をはじめましょう。