内分泌かく乱物質(環境ホルモン)

繊細な人間の内分泌系の保護

環境内の内分泌かく乱物質のモニター

内分泌かく乱物質は身体の内分泌系に害を与え人間、動物の発達、再生、神経、免疫障害を生じさせる化学物質です。一部の農薬と医薬品、可塑剤、ダイオキシン、およびホルモンは内分泌かく乱物質とみなされており、摂取してしまった場合、非常に毒性が高い可能性があります。

多くの日常家庭製品は様々なレベルの化合物を含む可能性があり、その中には、金属缶から浸出する可能性があるビスフェノールA、消耗品とプラスチック製ボトルから出る可塑剤、様々な難燃性材料、衣服や化粧品から出る医薬品化合物などの内分泌かく乱物質があります。

内分泌かく乱物質は毒性のために、環境内でモニター対象としての順位が高くなっています。質量分析の有用性により、水、土壌、食品、その他製品中の内分泌かく乱物質について、曝露リスクを減らすため、どの内分泌かく乱物質がサンプル内にあるかだけではなく、サンプル内にどれだけ存在するのかを厳密にモニターできます。

4種のホルモン化合物の感度の高い検出

環境ホルモン(エストラジオールなど)測定メソッド、分析例など必要な情報はSCIEXがご用意しております。資料をダウンロードして、すぐに分析をはじめましょう。