消毒副産物

潜在的な消毒副生成物(DBPs)を監視するソリューション

安全な飲料水のために病原性微生物を不活性にし水が媒介する疾患を防ぐ消毒を行うことは極めて重要です。一般的な消毒プロセスには、塩素処理、オゾン処理、UV照射が含まれます。これらのプロセスは微生物汚染のリスクを除去する一方、殺菌剤は水中の自然の有機物と反応する可能性があり、消毒副生成物(DBPs)の生成につながります。

消毒副生成物の多くの種類は水中の有機物の組成や消毒プロセスに応じて形成されるため、科学研究は毒物学的に重要なDBPsの同定と理解に注力することになります。

質量分析法は未知のDBPsの調査と共に既知の一般的なDBPsを検出する多様性を提供するため、消毒副生成物の分析には理想的です。科学者は消毒プロセスが人間にとって有害となるケミカルハザードまたは発癌性物質の増加につながらないことを保証するために、LC/MS/MSを水の消毒副生成物調査の主要な分析手法として期待しています。

大規模消毒副生成物スクリーニングの同時検出

ハロ酢酸、フェノール類、ホルムアルデヒド測定メソッド、分析例など必要な情報はSCIEXがご用意しております。資料をダウンロードして、すぐに分析をはじめましょう。